手話と朗読で語られる舞台 The Vagina Monologues

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 手話と朗読で語られる舞台「The Vagina Monologues (ヴァギナ モノローグス)」が、六本木の俳優座劇場で、今日(8/17)から上演が始まります。

 ヴァギナとは、いわゆる女性器の事。様々な年齢・人種・職種の女性へのインタビューして創られた語り芝居です。日本初の手話と朗読という表現方法にも興味をそそられます。

 プロモーション映像はこちらから

日程:2009年8月18日(火)~23日(日)
上演時間:14時〜、19時〜(日によって異なるので必ず確認を)
場所:六本木 俳優座劇場
料金:5000円
出演:
〈手話〉
 イザベル ヴォワズ(IVT・フランスろう女優)
 忍足亜希子(Milk It Inc)
 大橋ひろえ(サイン アート プロジェクト.アジアン)
〈朗読〉
 西田夏奈子
 足立由夏(InnocentSphere)
 大窪みこえ(WAHAHA本舗)
演出:平松れい子

 「筆談ホステス」の著者 斉藤里恵さん、ピーコさん達がトークショーのゲストとして参加するそうです。上演時間やトークショーの日程など、詳しくは、主宰者 大橋ひろえ氏の公式サイトのヴァギナ モノローグス

 六本木交差点から徒歩1分と行き易い場所で上演されるので、お仕事帰りにいかがでしょうか。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする