農業と福祉が手を取り合ってできるもの その1

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みなさんこんにちは。宮城県は仙台市秋保町で障碍をお持ちの方と一緒に有機野菜の栽培に取り組む佐藤茂です。私の農場には、仙台市内各地から障碍をお持ちの方が通い、自然一杯の中で農作業をしています。楽しみながら、おいしい野菜を作るために一生懸命な姿をここでは皆さんにお伝えしていければと思います。

そもそも有機野菜って何でしょう

 世の中には、減農薬野菜、無農薬野菜、有機野菜と似たような言葉がありますがその違いを知っているでしょうか?知っているようで知らないその違いをまずはお知りください。

減農薬野菜とは

 減農薬野菜は、その地域の従来の農薬を使用する農業と比べ、農薬の使用量を大体5割以上減らした農法により栽培された野菜のことです。ここで大事なのは、従来の農法より減らしている野菜ということですから、農薬の量が絶対的に少なくして育てているという事ではなく、従来の農薬が多ければそこから少なくしただけという可能性もあるのです。

無農薬野菜とは

 無農薬野菜はその野菜の栽培期間中に農薬を使わずに栽培された農産物のことです。前年までの栽培で農薬を使い、土に農薬や化学肥料が残っていても、今年無農薬で作ればそれは無農薬野菜として売り出されるのです

有機野菜とは

大根

 有機野菜とは上の種類よりもさらに条件が厳しく、種まきまたは植付け前2年以上の間、化学的に合成された肥料及び農薬を避けながら、堆肥等による土づくりを行った畑や田んぼで生産された農作物のことです。有機JAS認証制度に従って、生産・格付け・出荷され、有機JASマークが貼り付けされている農産物を意味しています。 つまり、「有機認定を受けた生産者」が「有機認定を受けた圃場」で「有機認定を受けた資材を使用」し、「栽培指針どおりに栽培計画を立てて栽培管理」し、「有機の格付けをして、有機のシールなどを貼って出荷したもの」だけが「有機農産物」と表示できるのです。

有機野菜の栽培はたいへんだけど…

 土づくりから始まり、とても厳しい基準を通してやっとたどり着ける有機野菜の認定ですが、一般的に持たれているイメージの通り、有機栽培というのは、簡単にはいきません。正直とても経費のかかる栽培法です。

 病害虫の異常発生の時は、収穫も半分以下になるときもあります。また、トレイサビリティーが、栽培の分野まで来ており、栽培履歴もきっちり記帳し提出することになっています。

 こんな時こそ信念がないと出来ません。しかし、手間暇をかけられるからこそ障碍をお持ちの方と一緒にじっくりと栽培に取り組めるのです。手間暇かけて出来上がった野菜の収穫は、自分の体でその出来上がりを実感する事が出来るという意味で、何物にも代えられない喜びを障碍をお持ちの方に与えてくれるのだと思います。

 その喜びを消費者の方と分かち合えるまでの道のりは大変ですが、その過程を今後の記事でお伝えしていきますので皆さんこうご期待下さい。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする