神経に効かなくとも、ツボは効く?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第9回

 9回目はフットケア第3弾!

 足湯、リンパマッサージと来て、今回、ご紹介するのはツボマッサージ。いわゆる「痛気持ちいい」というジャンルのマッサージなわけですが、実はこれ、ぜひ下半身不随などの症状を持たれている方にやってもらいたいことなんです。

 というのも、ツボというのは、神経とは別ものの体の機能。特に足裏は第二の心臓と呼ばれているくらい、それぞれの箇所が体の各機能と直結しているというツボが集中している箇所です。

 私はツボの専門家ではないので、先日、私自身がツボマッサージに行った際に、先生に伺って確認してきたのですが、例え、感覚を失っていたとしてもツボによる効果はあるとのこと。リハビリなどで、ツボマッサージを行った方もあるかもしれないのですが、神経への効果という意味ではあまり効果を感じなかったとしても、ツボは内臓や脳、血流などさまざまな場所に影響を与えるので、ぜひ時々やってみてください。

 ただ、足湯やリンパなどと違って、ツボは素人が行うのはちょっと難しいですよね。また、プロの先生でも相性によっては今一つな場合も。ただ、出張で来てくれる先生もたくさんいるので、自分にあう先生に出会えるまで、いろんな先生にお願いしてみるのも一つ。また、家族の方や介助の方が、ツボについて勉強してみるのもひとつですね。

 実は私も受けてみようかと思っているのですが、スクールに通うとなると費用も大変ですし、向いているかどうかも判らないので、入門編としてリフレクソロジーの検定はいかがでしょうか?フットセラピーやアジアンハーブスなどといったサロンを全国展開している会社が、二日間8400円の受講費でリフレクソロジー検定講座を開催しています。

 いろんな本が出ていますが、検定試験のテキストはポイントが集約されていて、抜けがないのと客観的に構成されているので、おためし的にリフレクソロジーに触れてみたい人にはお勧めです。ぜひ、ツボの力を活用して快適な生活を手にいれてくださいね。

飯野耀子AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする