ハローワークに行く前の基礎知識

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハローワークでは、就職希望者への就職先の紹介、相談等の事業を無料で行っています。テレビでも就職活動の様子などで良く映されているので、どんな場所なのかは皆さん想像がつくかと思います。

 しかし、いざ自分が行くとなると、どんな事について相談に乗ってくれるのか、具体的な内容については知らない為、不安になったりする場合があります。相談ができる場所が増えると、それだけ就職できる機会が広がります。ハローワークがどんな事業を行っているか、知ることで上手く活用する為の第一歩を踏み出しましょう。今回は特に障碍を持った方に対して、ハローワークがどんな事業を行っているかを詳しく見てみましょう。

職業相談・職業紹介

ハローワークの窓口では、どんな仕事がいいのか決められない、具体的な求職活動の仕方がわからない等、就職に関する多様な相談をお受けするとともに、これらに関する無料のセミナーも多数用意しています。ハローワークでは、そのハローワークに申し込まれた求人はもちろん、全国の求人の中から職員と相談しながら一緒に求人を探すこともできます。

ハローワークでのサービスについて(概要)より

 職業紹介はハローワークの主な事業の一つです。就職を希望する場合は求職登録を行うと、あなたの技能や知識等に基づいて、職業相談や職業指導をしてもらえます。また、専門的な知識を持つ支援員が配置されているので、効果的に職業を紹介をしてもらえる体制が整えてられています。障碍を持った方については、トライアル雇用やジョブコーチ支援等の相談・援助も受けられます。また、職業リハビリテーション、生活支援センターの活用等も提案してもらえます。ちなみに、障碍を持った方でも、障碍を持った方に限定した求人のほか、一般の求人に応募する事も可能です。

障碍者向け求人の開拓

 ハローワークでは企業からの照会のあった求人を紹介するだけでなく、雇用を拡大する為の様々な施策をとっています。特に、障碍を持った方の一般雇用が重要課題となっている今、地域の機関と連携した支援策の充実を図っています。

 求人を出している企業に対しても、一般人として受理した求人を障害を持った方でも行えるような業務であれば、障碍を持った方への求人に変えることを勧めたり、助成金の活用方法のアドバイスをしてくれたり、支援をしてくれる関連機関の紹介等も行ったりします。また、法律で定められた障碍を持った方の雇用率を達成していない企業には、雇用状況報告に基づき、雇用率達成の為の指導を行います。指導の実施にも関わらず、雇用率が改善しない企業に対しては、障害者雇入計画の作成命令や適正勧告といったさらに強い指導も行います。

失業保険の給付

 いったん就職した後に残念ながら失業してしまった方に対して失業等給付を支給します。ただし、失業等給付を受ける為には、窓口で職業相談、職業紹介を受ける等の求職活動を行い、就職の意思がある事を示さなければなりません。生活の心配をせずに就職活動に専念する為にも早めの給付申請をお勧めします。

 ここまでハローワークの3つの大きな事業を紹介しましたが、この他にも様々なサービスをハローワークでは受けられます。就職する為のサポートのみならず、就職した後の相談・支援も行っていますので、就職に関しての悩み・相談がある方は地域のハローワークを一度訪ねてみてはいかがでしょう。地域のハローワークはきっとあなたの心強い味方になってくれるはずですよ。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする