大学の桑畑から

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第6回

6回目にご紹介するのは「大学の桑畑から」という桑の葉茶。

 みなさんの中で、お酒を飲みすぎ(笑)な方、咳がつきやすい方、ぜんそく気味な方、そして皮膚にアレルギー疾患が出やすい方、糖尿の心配がある方、便秘気味の方、いずれかに心当たりがある人は今回の記事には特に注目してください。なぜかというと、今日ご紹介する桑の葉茶はいずれの場合にもみなさんの体の健康を助けてくれる効果が期待大だから!

大学の桑畑から

大学の桑畑から

 東洋医学の見地から桑というのは根、葉、枝、果実とすべての部位が体にいいと言われていて、特に根と葉は肺機能によいと言われています。ですから季節の変わり目や乾燥、風邪などで咳がつきやすい人や喘息気味の人にはぜひ摂取してもらいたい食材。

 それ以外に肝機能サポートやミネラル補給(特に汗を多くかく季節は意識して!)、糖尿病対策やダイエット、便秘解消(←これについては月刊メンズクラブ編集長のブログに凄い報告が書いてあります!)など桑の葉にはいい効果がたくさんあります。が、桑の葉茶を毎日煎じて飲むというのも大変だし、ものによっては苦かったり…と続けられるものってなかなかないのです。が、今回ご紹介する「大学の桑畑から」は粉末になっていて、しかも1回分ずつスティック加工されているので、とっても便利。かつ、美味しい!!!(その美味しさはグローバルスタンダードらしく、海の向こうパリのファッション誌エディター達の間でも人気の商品らしいですよ)

 実は最初は私も疑っていました。○汁系かなぁ・・・とか。でも飲んでみたら、ものすごく飲みやすくて、ほんのり甘さを感じるというか(抹茶などもそうですが、いいお茶って甘さを感じるんです)。お水にサラサラと溶けるので外出の際にポーチにいれておいて、ミネラルウォーターを買う度に溶かして飲んでいたら癖になってしまい、今では緑茶のペットボトルを買わなくなってしまったほど。生魚の生臭さも緩和してくれるのでお寿司やお魚を食べる時にもいいですね。

 因みに桑の葉は鉄分、カルシウムの含有値もものすごく高いので貧血気味の方や骨そしょう症の心配がある方にもお勧めです(※骨そしょう症というと老人の症状と思われがちですが最近では若い人にも増えているので「備えあれば、憂いなし」です!)。特に、カルシウムは飽食でオーバーウェイトな国民である私たちが摂取している栄養素の中で、唯一、摂取基準値を下回っていると、言われる栄養素ですので、いろんな形で積極的に摂ってください。

 「大学の桑畑から」はお茶として飲むだけでなく、ホットケーキの生地に混ぜたり、パンを焼く時に混ぜてもいいですよ(クセがないのでケーキでも美味しく仕上がります)。お試しサイズがあるので、まずはそれから試してみてはいかがでしょうか?

 因みに桑の実は疲労感解消や白髪、便秘、不眠解消、眼精疲労にいいと言われてるので、こちらはジャムなどで摂取してみてはいかがでしょうか?私は軽井沢の沢屋の桑の実ジャムをネットで購入しています。

参考:
大学の桑畑から
沢屋

飯野耀子AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする