大学受験生必携の数学参考書を無料で入手

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「チャート式数学」完全点訳 筑波技術大、無料提供へ」【朝日新聞】にて、筑波技術大学長岡教授らが市販されている中高生用の数学参考書を点訳し、無料で提供することが報道されていました。

点訳したのは、中高生がよく使う「チャート式数学」(数研出版)。各学年版の計6冊を、長岡教授と首都圏の6つのボランティア点訳グループ約90人がほぼ1年がかりで点訳した。

 チャート式には難易度別に通称白チャート、黄チャート、青チャート、赤チャートがありますので、各学年版の計6冊ということは、数1A、数学2B、数学3Cについて白と黄、黄と青のいずれかのセットが点訳されたものと思われます。

思い出の参考書は今どこに・・・

思い出の参考書は今どこに・・・

 黄チャートは、大学受験の数学における最もメジャーな参考書の一つです。高校数学が新課程に移行した際に、大きく改定された黄チャートですが、厚みが増した分、解説がより丁寧になり、やりごたえ・理解しやすさは十分です。これ一冊さえ、完璧にこなせば、難関大学の受験にも対応できると言われている黄チャートが点字になった意義は大きく、教育現場・受験生の双方にとても喜ばれるでしょう。

 同大学ではチャート式の他にも全部で290巻、約2万2千ページの点字版参考書を無料で提供するとのことです。どのような参考書が点訳されているのかが分かりませんので、同HPで参考書のリスト等公開してもらえればとても便利になると思われます。

 電子メールでの問い合わせを受け付けているとのことですので、秋の夜長の受験勉強に活用してはいかがでしょうか。問い合わせ先は同大視覚障害系支援課の小野瀬正美係長(onose@k.tsukuba-tech.ac.jp)です。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする