あなたは、秋の夜に覇王の夢を見るか

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世に信長本は多く出ていますが、今回紹介する本は歴史小説の第一人者といわれている津本氏が書いた、傑作史伝の一つでしょう。極めて少ないとも言われる信長の歴史資料を丹念に拾い集め、鋭い考察を加えていて、当時、信長の近くにいた太田牛一の作とされる「信長公記」(シンチョウ公記)にも勝るとも劣らない、でき上がりとなっています。

 単なる物語ではなく、青年初期に、弟を初めとする親族との血で血を洗うような争闘、桶狭間の戦いにおける真実の様相、朝廷の権威さえも否定して行こうとする改革者としての顔と政治家としての凄みのある手練手管、すべてのことが、現代にも通じる内容と示唆に富む史実として描かれています。

 特に桶狭間以降の情報戦を主体とした、手堅い戦いの手法はいままで語られてきている一般的な信長像とはかなりの隔たりがあります。このようにすれば、誰でも戦いに勝てると思わせるほどの説得力と凄みがあります。

 また、「もし、信長が本能寺で横死することなしに、その後大陸や、ヨーロッパに進出した可能性があったら…」と、歴史好き、戦記物好きの男にとっては想像はどんどん膨らみます。ある程度、信長を知っている人にとっては、願ってもない垂涎の好著となるでしょう。

覇王の夢
覇王の夢
幻冬舎 2005-08
売り上げランキング : 405067

おすすめ平均 star
star乱世に生きた英雄の夢
star津本版「信長」最終章

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする