アマゾン出品における収益の仕組み

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バザーの商品を全国の人に買ってもらうために 第4回

 運営費を稼ぐ方法を一つ増やすために、これまでバザーで売って来た本やCDをアマゾン マーケット プレイスで、全国に向けて販売して、収益を上げましょうというお話です。作業して得られる工賃のアップなども大切ですが、補助的な収益も障碍者に支払う工賃の原資とする事ができますので、その道も切り拓いてみてください。今回は、収益の仕組みを説明します。

収益の仕組み

 アマゾンマーケットプレイスで書籍を売った場合、あなたがアマゾンから受取る金額は次の様に計算されます。

  受取額 = 本の販売価格 -(成約料100円+販売価格の15%)+ 送料260円

 本の販売価格は、あなたが決められます。そこから100円と販売価格の15%がアマゾンの手数料として差し引かれ、送料として260円を加えた金額が実際の受け取り金額になります。購入者は送料として340円を支払いますが、そのうち80円は手数料としてアマゾンが受け取り、260円が出品者であるあなたに支払われるので、送料は340円ではなく260円になります。

 そして、その受取額から、実際にかかった送料、梱包費用を差し引いたものが、粗利です。転売するために本を仕入れているなら、仕入れ代金も差し引く必要がありますが、これまでに見て来た通り、自分の本や無償で集めた本を出品しているはずですから、そこは0円になります。

実際に払う送料

 発送には、私はクロネコメール便を使っています。提携しているコンビニで、休日を含めて何時でも発送できますし、伝票番号で追跡ができます。送料が260円という受取額の中に収まるのも理由の一つです。ただし、本の厚みが2cmを超える場合は、メール便では送れないので、ゆうメールを使います。

 メール便の料金は、80円か160円のどちらかです。本の厚さは1cmを超えるが多いので、160円になります。2cmを超える分厚い本はメール便では送れないので、かつての書籍小包にあたる郵政公社のゆうメールを使います。この場合は本が厚くて重いせいもあって、340円になる場合がほとんどです。例え、送料が赤字になっても送る規約ですから、260円を超えた分は自分で持ち出する必要があります。

 この他に必要なのは、こう書くと大げさなのですが、梱包費用です。具体的には、封筒代と送付状を印刷するトナーと紙代です。金額にして20円といった所でしょうか。封筒は角5サイズの茶封筒を用意しておくと、ハードカバーが収まるので便利です。100枚入りでのまとめ買いが単価も安くなるのでお勧めです。

キング クラフト封筒 角5 茶色 100枚入  K5K85
キング クラフト封筒 角5 茶色 100枚入  K5K85

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 次回は、税金と古物商の届け出が必要な場合についてお話ししましょう。

ネットオフの宅配買取サービスは、宅急便での集荷・コンビニへの持込もOK!

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする