バザーの品を全国の人に買ってもらう 第1回

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バザーの品を全国の人に買ってもらう 第1回

 福祉施設では、運営費の一部を稼ぐために、まだ使えるけど、その人にとっては要らなくなった物を集めて、売るバザーを開催する事があります。こうしたバザーに出品された物は、施設の利用者や職員等の関係者といった顔見知りの範囲の人に買ってもらう事になります。が、その中でも本やCDは、全国に向けて販売する方法があるという事は、意外と知られていません。

このお客さんは全国に!Photo: monoooki

このお客さんは全国に!

 全国に向けての販売と言っても、今や特別な事ではなく、ネットに繋がったパソコンがあれば、今すぐ始められます。これは何も通販業者に限った話ではなく、商店を営んでいない一個人や福祉施設にも当てはまる事なんです。

 その方法は、今や国内での書籍販売高が1位となった言われるアマゾンのAmazonマーケットプレイスを通じて、中古の本やCD等を出品するだけです。ホームページを作るために必要なhtml等の専門知識も必要ありませんし、この出品は、個人でも法人でも参加する事ができ、登録料等は必要ありませんから、無料で始める事ができます。

 どうでしょう?これを利用して、運営費を稼ぐ方法を一つ増やしてみては、どうでしょうか。

 とは言っても、始めるにあたって、いろいろと気になる点があるかと思いますので、主立った点をクリアして行きましょう。このシリーズでは、私が自分の本棚を整理するのを目的に、おそるおそる試してから今までに何十冊も売って得られたノウハウを公開します。ここからは、本の出品に絞って話を進めて行きますが、CDも書籍と同じ様に出品できますので、本をCDと読み替えて頂ければ、対応できると思います。

準備がタイヘンなのでは?

 ネットオークションへの出品と違って、商品の写真撮影をする必要がありませんから、出品する本があれば準備はOKです。入金の確認など決済についても、アマゾンのシステムを通して行われるので、難しい点はありません。アマゾンから商品が売れた通知を受け取ったら、本を出荷して、アマゾンのシステムを通じて発送通知を送って完了です。すると、後日、手数料等を差し引いた収益があなたの口座に振り込まれるという流れです。

 あなたがする事は、本を用意する事、売れた時に発送する事、その発送通知を送る事です。これだけできれば、収益が振り込まれるという仕組みです。より詳しくは、この記事を読んだ後で、Amazonマーケットプレイスへの出品ガイドツアーに目を通してみて下さい。

 長くなりそうなので、続きはまた次回に。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする