二十歳以上限定、ちょっと楽しいボランティア

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第16回

 今回は、ちょっと楽しいボランティアについてのご紹介です。

 みなさん、お酒は飲まれますか?また、どんなお酒がお好きですか?

 最近だとブームと言えばやはりワイン、それから和物だと焼酎が人気ですね。でも焼酎と共に日本を支えてきたお酒文化の担い手である日本酒もぜひ愛してもらえたらと思います。因みにお酒のカロリーは度数に比例するというのをご存知ですか?そういう意味では日本酒よりも焼酎の方がカロリーが高いんですよ!

呑みボラ(クリックで拡大)

呑みボラ(クリックで拡大)

 さて今回、そんな日本酒に関してちょっと素敵なボランティアがあることを友人から連絡を貰ったのでみなさんにも共有させていただきたいなと思いました。どんなボランティアかというと

  「呑みボラ」

 これなんだと思いますか?読んで字のごとくですが、(日本酒を)呑むボランティアなんです。

 これは平成19年に起こった能登の地震で被災した酒造を救済しようという趣旨で毎年、トラスト対象の酒造会社が決められています。本年は白藤酒造です。一口5000円の年会費を払うことによって、白藤酒造のお酒2本を購入することになり、これによりトラストが酒造会社に送られることになります。

 能登と云えば昔から酒どころで、非常に美味しいお酒があることで有名な土地。ただでさえ美味しいお酒をのむことが人助けになるのであれば、飲まない手はないと思いませんか?しかも最近では、東大のお医者様を中心として日本酒の健康効果について、もっと訴求していこうという運動もあります。

 これからの寒い季節、他の季節よりも熱燗などお燗した日本酒が美味しい季節、その季節に美味しくて、体によくて、そして人の役にたつ「呑みボラ」にみなさんもぜひ、参加してみませんか?

「呑みボラ」問合せ先
能登酒造復興トラスト
e-mail: Akasu260▲nifty.com(メールを送る際は▲を@に置き換えてください)

飯野耀子AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする