幹細胞の移植で視力が回復できた

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 見えなくなった右目に自分の左目の細胞を移植して、視力を回復させられる時代がきた様です。

 イギリスに住む Russell Turnbullさん(38歳)の右目が見えなくなったのは15年前に喧嘩の仲裁をしようとして、その一人にアンモニアのスプレーを吹きかけられて、Limbal Stem Cell Deficiencyという症状が出てしまい、右の目が光に過敏になってしまったためでした。

 北東イングランド幹細胞研究所の医師が、Turnbullさんの左目から幹細胞を抽出、成長させた後、右目へ移植することで、彼の視力を復活させることに成功しました。同研究所では、これまでTurnbullさんを含む8人の視覚障碍者の治療に成功していてます。

 彼は角膜の異常で視覚障碍が発生したのですが、こうした人は毎年800万人くらいいると考えられていますので、治療法として広がっていくと非常にたくさんの人に朗報となるでしょう。

 他にもこうした失われた臓器を回復させる技術の研究が進めらていて、先日、日本の自治医科大などチームが、人工臓器へとつながる実験を成功させています。

 こちらは、いろいろな臓器になる猫の「間葉系幹細胞」を、豚の腎臓の基となる細胞「腎臓原基」に注入し、猫の体内で腎臓の組織を再生することに成功したもので、尿の生成まで確認できたそうです。

 間葉系幹細胞は、血管や筋肉などになる細胞で、人間にもあります。原理的には、猫の細胞の代わりに人の細胞を使うと、人工臓器を作る事ができます。

 国内では、臓器移植の実施件数は極めて少ないのですが、人工的に臓器を作り出す事ができれば、臓器提供者を待つ必要もなくなる日がやってくるでしょう。

出所:Man’s eye saved by stem cells – Channel 4 News

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする