柿食えば、気分が良くなる…

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第18回

 今回は、まず一句。

  柿食えば、気分が良くなる、よく飲んだ><

 すみません、これふざけているわけではなくて今回ご紹介する柿の効能について、我ながらよく表わしているなぁと思う一句なんです。というのも、柿には飲みすぎや軽い二日酔いを改善してくれる力があるから。

二日酔いに効く柿

二日酔いに効く柿

12月の声を聞く前にすでにいくつか忘年会のあった方も多いのではないでしょうか?最近は一気する姿もあまり見かけなくなりましたが、それでもこれからの季節、休肝日を取るのがなかなか難しい季節ですよね?

 そこで活躍するのが柿。先日、八ヶ岳を車で走っていて改めて気がついたのですが、柿って実がなると葉っぱがぜんぶ落ちるんですね。枝と柿だけの光景を改めて見てみると風情があるものだなぁと感動しながら見ていました。因みに柿の木はゴルフ好きの方などにはクラブのヘッドとして人気です。

さて、今回の主役は柿の実ですが、なぜお酒を飲んだ後にいいのでしょうか?柿には渋柿と甘柿があり、それぞれ渋みがあるのですが、この渋みはタンニンと呼ばれるもので非常に解毒力が高いことで知られています。このタンニンが、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの排出と分解が促進してくれるのです。

 この効果は飲んだ後だけでなく、飲む前、そして飲みながらでも力を発揮してくれるのでお店に聞いてみてカットフルーツに柿が頼めるようであれば、柿を食べながら飲むと体が楽ですよ(そういう意味ではこの季節、柿を用意しているクラブなどはママの気が利くということです!)。

 更に柿には利尿作用の高いカリウムもたくさん含まれていますから、このことからも二日酔いの改善が期待できます。二日酔いまでいかなくてもお酒を飲んだ翌朝、体がむくむという方にも柿はお勧めです。

 柿はお菓子の原点ともいわれる果物で、その甘さがとても魅力的な果物です。今が旬でとても美味しく、更にいざという時のお助け果物なのでぜひ、1個か2個、必ずおうちに常備するようにしておくといいですね。

飯野耀子AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする