「牙潜」の朗読で元気が沸いてくる

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(集中連載)朗読で内なるエネルギーが湧いてくる 第7話

 前回までの朗読はこちら。子どものころはよく軒先のつららをもぎ取って遊んだりしたものですが、最近は大きなつららを見かけることがとんと無くなったように思えます。これも温暖化の影響なのでしょうか。雪不足のバンクーバーオリンピック会場には無事雪が積もって欲しいものですね。


この朗読は読み手自身が聞き手となるいわば独り朗読です。
どうか声に出してあなたの耳にお聞かせ下さい。

「牙潜」(きばせん)

つらら写真 BONGURI

つららの中を雪解け水が流れる珍しい様子

朝起きると屋根に氷柱が出来ていた

それはもう
お家が牙を剥き出しにしているみたいだ

夕方帰ると屋根の氷柱がなくなっていた

陽に照らされて融け落ちたのかもしれない

それとも
子供が面白がって取ったのかもしれない

今晩も冷えそうだ

 

朝起きると屋根に氷柱が出来ていた

それはまた
お家が牙を剥き出しにしている

そう
牙が生え変わったのだ

お家は

まるで丘に上がったサメのようだ

僕の前歯が一本
取れかかっていた

僕は大人の歯に変わろうとしている

早く抜けないか楽しみだ
そう思いながら学校に向かった

二洋介二洋介(フタツヨウスケ) 1984年生まれ。岩手で活動している役者。
短篇の詩、物語を中心にした朗読文を創作している。
個々の芸能・芸術表現を研究・支援するチーム、 E.A.T. MAD SWEEPERを主催。
mixiにも参加。


スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする