「著心」の朗読で元気が湧いてくる

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朗読で内なるエネルギーが湧いてくる 第8話

前回までの朗読はこちら。バレンタインデーが終わったと思ったら、今度はホワイトデーで一色の町中ですね。チョコレートをいっぱいもらった人にも、義理チョコをいっぱい配った人にも著心(ちょこころ)をお届けします。


この朗読は読み手自身が聞き手となるいわば独り朗読です。
どうか声に出してあなたの耳にお聞かせ下さい。

「著心」(ちょこころ)

甘いの
苦いの
僕のチョコ

チョコレート

あなたはどんなチョコレートが好きですか?

白いの
黒いの
僕のチョコ

いきなりの
サプライズ

箱を開けて
サプライズ

キレイ
イビツ
僕のチョコ

とっておきの
気持ちのカタチ

その気持ちが
お腹で溶けて
身体中に伝わるよ

いつもありがとう
あなたにありがとう

二洋介二洋介(フタツヨウスケ) 1984年生まれ。岩手で活動している役者。
短篇の詩、物語を中心にした朗読文を創作している。
個々の芸能・芸術表現を研究・支援するチーム、 E.A.T. MAD SWEEPERを主催。
mixiにも参加。


スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする