周りの女性につい教えたくなる桜の話題

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第34回

 今回は「花といえば桜」のお話。

桜前線はあなたの街にもやってきましたか?

桜前線はあなたの街にもやってきましたか?

 みなさん、こんにちは。明日からは4月というのに本当に寒いですね。にもかかわらず、桜の花は咲くのですから、偉いなぁと思ってしまいます。先日など、すでに若葉が出ている木があって、ちょっとそれはどうなの?と環境ホルモンや植物にとっての日照時間の変化(街灯など)を考えてしまいました。

 桜は昔から日本人に大変愛され、季語では「花」といえば「桜」を指していたり、谷崎潤一郎の「細雪」の中でも「花は桜、魚は鯛」というのが日本人の嗜好の極みといったことが書かれています。さて、そんな桜ですが目で楽しむだけでなく結構、舌でも楽しみますよね?

 さくら餅に始まり、桜の塩漬けにお湯をさした桜湯、葉を乾燥させたものを日本茶に混ぜた桜茶に桜の葉や花の塩漬けを使った桜ご飯やお菓子など、最近では本当にたくさんの商品が出てきます。みなさんもなに彼となく、この季節は召し上がっていますよね?

 そんな桜がバラ科の植物だというのをご存知ですか?日本の花の女王・桜は西洋の花の女王であるバラ科なんですよ。ですから、さくら餅などを食べた際に香ってくるあの香りにはバラの香りが持つのと似た効能があると云われています。

 ですので、ピンクという色と共に桜というのは、非常に女性ホルモンアップによい食材なんですね。特に不安や悲しさといった落ち込む気分の時には、不安から解放してくれたり、立ち直らせてくれるような元気さをくれると云われています。それから女性らしさの部分に自信がなかったり、自信を失ってしまっている時にもいいですよ。

 それ以外には咳がついたり、ぜんそく気味の時によかったり、解毒作用もあると云われています。桜の葉には胃の調子をよくしてくれたり、あと下痢止めとして、昔から民間で使われてきています。

 桜の香りって、比較的どんな人にも好かれる香りなので、子供などにも抵抗なく食べてもらえていいですよね。

 因みに、私は毎年この季節になると、桜の葉の塩漬けを細かくしたものをまぜたパウンドケーキを焼きます。季節を感じることができますし、桜の香りが意外としっかりして、コーヒーにも紅茶にも日本茶にも合うのでプレゼントにもとってもいいんです。もちろん、トッピングには桜の花の塩漬けを添えて。それから桜の花の塩漬けはお料理の彩りに使うと、お皿の格が5,6段上がってしまう色どりの女王でもあるのでぜひ、さまざまな場面で活用してみてくださいね。

 今週末は、お花見にいかれる方も多いと思います。ぜひ、桜の木のしたで深呼吸をして桜の香りをたくさん体に吸収してください。

飯野耀子AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする