春の夜は美女の魅力に酔いしれる

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンクーバー・オリンピックのフィギアスケートは、キム・ヨナさんの演技すばらしかったですね。そして、韓国美女の目ヂカラからはすごいとおもいます。その瞳の奥に強い意志を感じさせる美しさです。見る人の心を惹きつけてやまない、あの切れ長の瞳が作りだす迫力の世界にやられました。

 そんな韓国美女の魅力に触れたい時のお勧めの一本を今日はご紹介します。

 山紫水明の絶景、空に舞う色あざやかな衣装(チョゴリ)、花のように美しい女性達と騎士道、儒教に導かれた目上を敬う心と振舞、ダイナミックな脚本と詩のような台詞まわし。見所満載の韓国の時代劇から、今回は珠玉の一本をご紹介いたします。

黄真伊(ファン・ジニ)

 名生(キーセン・官僚などをもてなす高級な芸者)の娘として生まれた(ジニ)は、同じ芸妓の道を歩ませたくないという母の希望で幼い頃寺に預けられました。しかし舞妓として天性の才能を持つ真伊は、ある時その優美な踊りと音楽の世界に魅せられ、数々の困難を乗り越えながらも、朝鮮随一の名妓として成長します。王室専従の舞妓の座をかけた、永遠のライバル・芙蓉(プヨン)との舞踏対決でも「褒美(お金)はいりません、代わりに私は王様の涙を頂戴します」と宣言、その気高く美しく、強い姿勢は彼女の生き方そのものでした。二度にわたる運命の恋愛でも、彼女は幾多の困難に立ち向かい、命をかけ、傷つきながらも人生を全うしてゆきます。

 詩の名手として実在したといわれる明月(ミョンウォル・ジニの芸名)の切なく悲哀にみちた唄と、荘厳な雅楽の旋律にのせて、朝鮮半島の蒼い空をバックに映し出される舞踊の世界は圧巻です。

 真伊も第4話で初恋の人ウノの前で舞って見せますが、何気なくおひろめした踊りの最中、ウノは突然目をそむけ、「あまりに美しすぎて、他の誰かの前で踊ってほしくない」、とその苦しい気持ちを告白しています。この舞のシーンで扇子の向こうからウノに注がれる真伊の真直ぐで、光り輝くような視線には驚嘆のため息がもれるばかりです。

キムチを食べながら見れば、より感情移入できるかも!?写真 opencage.info

キムチを食べながら見れば、より感情移入できるかも!?

 クライマックスの第22話、最愛の人が重罪により、今その体を引き裂かれんとしている時、殿下の前で執り成しのおどりを舞う明月(真伊)。いつの時代も、意志の強さをみせつけるかのように、観客を見据えて堂々と芸を披露してきた彼女も、この時ばかりは王様と眼をあわせる事はありません。しかし、白装束をまとい、まぶたを伏した明月の悲痛の表情には、その裏に壮絶な愛の力を宿している事がわかります。

 霜なが夜の半ばを切り取り

 春の世のしとねに 大切にそっとくるんでおきましょう

 愛した人がいらした夜に ともにすごせるように

 彼女の想いが、その試練多き人生が自由に解き放たれる「春の世」はくるのでしょうか!?

ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX I
ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX I
おすすめ平均
starsじっくり浸れる大好きなドラマです!
stars最高です。
stars久々にやっつけられた
stars魅力的
stars何もかもが綺麗!
by G-Tools

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする