春先兆の朗読で元気が沸いてくる

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朗読で内なるエネルギーが湧いてくる 第15話

 前回までの朗読はこちら。東北地方の冬は長く、まだまだ雪が降る日があります。桜が咲くのはまだまだ先です。でも、北国にも春の足音は毎日着実に近づいてきていますよ。


この朗読は読み手自身が聞き手となるいわば独り朗読です。
どうか声に出してあなたの耳にお聞かせ下さい。

「春先兆」(あるさきちょう)

もうお花見の準備も始めなきゃなりません

もうお花見の準備も始めなきゃなりません

北国のそら

天から降りるものが雪から雨に変わりました

黄色いコートをはおって
赤色のレインブーツをはきました
そして
緑色のカサをさしておでかけです

アパートを出て
コンクリートの道をすたすたと歩きます

近くの神社へ向かいます

石畳の階段を上がって
鳥居をくぐって

神社へ着いたのはいいけれど
何をお願いしましょうか

石畳から外れて土を踏みました

春がまもなく訪れます

カエルたちは土から元気よく飛び跳ねるでしょう

カエルたちの一声は何でしょうか

春が待ち遠しいです

二洋介二洋介(フタツヨウスケ) 1984年生まれ。岩手で活動している役者。
短篇の詩、物語を中心にした朗読文を創作している。
個々の芸能・芸術表現を研究・支援するチーム、 E.A.T. MAD SWEEPERを主催。
mixiにも参加。


スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする