片手用キーボードをタダで手に入れる

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片手用Dvorakキーボードで効率アップ

片手用Dvorakキーボード パソコンのキーボードは、Qwerty配列と呼ばれる物が一般的ですし、両手を使って入力する事が前提になっています。実は、あまり知られていないのですが、右手でも、左手でも、片方の手だけで、効率よく使えるキー配列があります。

 といっても、特別なキーボードを購入する必要はありませんし、高価なソフトを購入する必要もありません。まったくの無料(0円)で使う事ができます。さらに言うと、MacやWindowsでは、OSの標準機能として装備されているので、すぐに試してみる事ができます。

どうして、効率がいいと言い切れるのか?

 Qwerty配列は、効率よく入力する事が考えられていると言い難い配列になっています。ローマ字入力でよく使う母音(a, i, u, e, o)のうち、ホームポジションにあるのは「a」のキーだけで、他は一段上にあります。また、英語で一番使われる「e」の文字もホームポジションにありません。

 日本語入力では、子音と母音の組み合わせで入力するので、指を伸ばさなくてもうてるホームポジションに母音があるだけで、格段に効率よく入力できるはずです。この原稿もDvorak配列にしたキーボードを使って作成していますが、指運びが少なくて済むので、とても楽チンです。

 また、片手Dvorak配列が優れている一番の理由は、最初から片手で効率よく入力するために考えられているからです。両手で使う前提の物を片方の手で使うよりも、初めから片手用に考えられた物の方が適しているのは、当たり前ですね。

 もう一つは、ゲーム愛好家が使っているからです。ゲームと片手キーボードには関連がなさそうですが、近年のネットゲームでは、コントローラを使って操作するだけでなく、一緒にプレイする人達と、チャットで連絡を取り合いながらゲームをします。ゲーム中は、少しでも効率よく、素早く操作する必要がありますが、ちょっとしたミスでも命取りになります。そこで、右手に多機能マウス、左手に左手用Dvorak配列を装備する人がいるのです。効率を追い求めるゲーマーが使うのですから、効率が良いのは間違いないはずです。

まずは試してみましょう

 MacでもWindowsでも、OSレベルで対応していますから、キーボードを買う必要もなく、1円も使わずに試せます。

Mac OS X の場合

 標準で、右手用、片手用、両手用のDvorak配列を使う事ができます。
 英語は、「システム環境設定」の「言語とテキスト→入力ソース」にある「Dvorak」にチェックを入れるだけです。

ことえり環境設定Dvorak

クリックで拡大

 日本語入力については、「ことえり環境設定」の「入力操作」で、入力設定の方法を「ローマ字」に、英字入力時のキーボード配列を「Dvorak」にするだけです。
Macは、以上の設定を変更するだけで、後はタイピングに慣れるだけです。

Windows の場合

 OSの種類によってメニューは異なりますが、
XPの場合:コントロールパネル→地域と言語のオプション→言語→詳細(テキスト サービスと入力言語)で、追加ボタンをクリックして、入力言語英語を追加して、キーボードレイアウト/入力システムで、「米国(Dvorak)」を選択します。

 また、Windowsの場合、入力システムが変更されてしまうため、日本語の入力ができなくなります。どんな物か試してみることはできますが、日本語での入力をして、本格的に使うためには、Dvorak配列を使える様にしてくれるソフトを用意する必要があります。

 Windowsの標準機能でできるのは、ここまでです。専用のキーボードを買わずに、ちょっと試してみるには充分ですが、日本語入力を使う使うためには、DvorakJなどのソフトを追加する必要があります。

 次回は、WindowsでDvorak配列を使って日本語を入力する方法を説明して行きましょう。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする