精神保健福祉士は「こころの時代」を支える資格

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神保健福祉士ってどんな仕事?

ハート型の雲写真 kitanofarm

空をふと見上げると雲がハート型に見えることも…

 精神保健福祉士は、精神保健福祉分野のソーシャルワーカーとして、精神障碍の医療を受けている方や、社会復帰促進施設を利用している方の相談や援助を行います。また、略称としてPSW(Psychiatric Social Worker)という名称もよく用いられます。

 介護福祉士や社会福祉士に比べると創設されたのが1997年と、比較的新しい国家資格です。

精神保健福祉士の働く場所

 精神保健福祉士の活躍の場は広く、病院や保健所から障碍者施設やグループホームまで多岐にわたります。精神科医療機関(病院)では、受診についてや入院から退院までの問題、経済的な問題や心配事、社会復帰についてなど幅広い相談に応じ、問題解決のための援助を行います。病院内での勤務場所は医療相談室などが中心となります。

 精神障碍者社会復帰施設には、法律で精神保健福祉士の配置が義務づけられています。そこで、利用者のニーズや施設の特性にあわせて、社会復帰を実現するための支援や相談、情報提供を行います。

精神保健福祉士の資格取得方法

取得方法

 福祉系の大学や短大で指定科目を履修した人、もしくは一般の大学・短大を卒業したり、実務経験を積んだのちに養成校を卒業し受験資格を得ることができます。他の国家資格と比べると、受験資格取得に至る道がいろいろとありますので、自分に合うのはどの道かあらかじめよく考えておく必要があります。

受験資格

●保険福祉系大学又は短大で、指定科目を履修

  1. 保険福祉系大学で、指定科目を履修し卒業した人
  2. 保健福祉系短大で、指定科目を履修し、実務経験が1~2年ある人

指定科目:精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、社会福祉原論、( 社会保障論、公的扶助論、地域福祉論)のうち1科目、精神保健福祉援助技術総論、精神保健福祉援助技術各論、精神保健福祉援助演習、精神保健福祉援助実習、医学一般、(心理学、社会学、法学)のうち1科目

●精神保健福祉士養成施設を卒業

  1. 福祉系大学で基礎科目を履修し、精神保健福祉士の短期養成施設で6ヶ月以上修学している人
  2. 福祉系短大で基礎科目を履修し、実務経験が1~2年以上あり、精神保健福祉士の短期養成施設で6ヶ月以上修学している人
  3. 社会福祉士で、精神保険福祉士の短期養成施設で6ヶ月以上修学している人※申請によって一部試験を免除。(社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、医学一般、心理学、社会学、法学)
  4. 一般短大を卒業し、精神保健福祉士の一般養成施設で1年以上修学している人
  5. 一般短大を卒業し、実務経験が1~2年以上あり、精神保健福祉士の一般養成施設で1年以上修学している人
  6. 実務経験が4年以上あり、精神保健福祉士の一般養成施設で1年以上修学している人

試験内容

 試験は筆記試験のみで、実技試験はありません。出題形式は五肢択一のマークシート方で、出題数は160問、総試験時間数は255分です。科目は精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、精神保健福祉援助技術、医学一般、心理学、社会学及び法学です。

 マークシート方式の試験ですので、過去問題集や予想問題集を使って形式に十分慣れておく事が合格への近道です。

試験日

毎年一月:1月下旬
*北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県にて試験開催

受験料

12,500円

問合せ先

(財)社会福祉振興・試験センター

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする