社会人大学院生のススメ Vol.1

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障碍者福祉との出会い


 私は現在、大きく言うと「障碍者施設の効果的かつ効率的な経営に関する研究」というテーマで研究を進めています。このテーマに取り組んでいる理由は、大学時代に仙台市内の学習塾でアルバイトをしていた時の事です。その学習塾の塾長の娘さんがある障碍を持っており、障碍者の置かれている状況を知った事がきっかけになったのです。

私が社会人大学院生である理由

 私が大学院に通うのと障碍者施設を経営するのと、どちらを先に実行したかというと、同時なのです。たまたま、運良くですが、大学院で勉強したいという気持ちが芽生えたのと同時に、障碍者施設の起業のチャンスが巡ってきました。そういう意味で、非常に運が良かったのだと思います。大学時代はアルバイトと遊ぶことに精一杯で、メガバンク勤務時代は目先の業務に追われ、自発的な気持ちでじっくりと障碍者福祉の勉強に充てる時間がありませんでした。しかし、曲がりなりにも社会に出て、障碍者の働いている環境と自分の働いている環境を比較してみると、明らかに自分の環境が恵まれていました。この思いを活かし、障碍者の支援施設を経営しながら、効果的で効率的な経営の可能性を模索すべく、大学院での研究テーマに掲げました。人材育成や経営ノウハウを蓄積し、ビジネスの分野とアカデミックの分野、両方から、この問題にアプローチしていこうと思ったのです。

大学院はビジネスチャンスの場に

 私の通っている大学院では、地方に位置している割に社会人が多く、ゼミ(担当教授を囲んだ少人数の特別演習)では各人の経験に基づいた議論が交わされます。その中からビジネスでも役立つ情報やアドバイスがたくさん得られます。

 文系は修士課程に進学すると就職の可能性が小さくなると一般的には云われていますが、それはあくまで新卒での話です。社会人になって、仕事の仕方をある程度覚えて、時間的にも経済的にも少し余裕ができてくれば、大学院に通うのは非常にお勧めです。

 地方の大学院でも社会人に優しい開講時間が設定されれば、その地方の社会人にとっても、有益なビジネスチャンスの場となること間違い無しです。

実は割安な授業料

 社会人の大学院ですが、気になるのは学費です。私の通う大学院は国立大学法人なので、授業料も年間50万円程度と東京の私立大学院に比べて3分の1〜4分の1とかなり割安です。さらに社会人は2年分の授業料で最大4年間まで在籍することができ、その場合は単純計算で年間25万円とさらに割安になります。

 ただ、ビジネスチャンスもあり、学費も割安と、バラ色な大学院生活が待っているかというと、それは別の話。社会人大学院生ならではの悩みもあります。それについては次回以降お話ししましょう。

筆者:H18年3月に東北大学経済学部を卒業後、約3年間のメガバンク勤務を経て、現在は東北大学大学院経済学研究科にて医療福祉システムについての研究も進めている傍ら、障碍者や高齢者の福祉施設経営に携わる。宮城県仙台市泉区出身、27歳。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする