処方箋チェックと正しい服薬指導が薬剤師の仕事

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師の役割とは?

 以前は病院に行くと、その場でお薬を処方してもらえました。ところが、『医薬分業』となり、現在では診療した病院でもらった処方箋を持って、わざわざ保険薬局にお薬を取りにいかなければなりませんよね。

「何だか面倒臭いよねぇ・・・」

というのが、患者である利用者側の声。では、医薬分業にすることで何が変わり、どんなメリットがあるのでしょう?
そこで重要となるのが“薬剤師”の存在。診察の専門家が医師だとすれば、お薬の専門家が薬剤師となります。医薬分業となったことで、お薬に関しては薬剤師に一任でき、治療に専念できるというわけです。そして、もうひとつ。医薬分業にすることで、お医者さまと薬剤師の二人が、処方されたお薬についてチェックをできるのです。つまり、医師が処方したお薬を薬剤師の目からも、効き目や安全性などをチェックできるため、その患者にとって本当に必要なものなのかという点でもより良い医療を提供できるというわけです。

医薬分業となったことでスポットが当たった「薬剤師」というお仕事

 薬剤師は、医師が処方した処方箋をみて、「薬学的」「化学的」「医学的」「法的」に問題がないかをチェックします。調剤したお薬は、どのようにして飲むのがいいのかなどを含め、服薬指導をして患者さんに渡します。

 調剤は、薬剤師にしかできないお仕事。もしも、処方された内容に不明な点があった場合には、自己判断で変更するのではなく、必ず医師に確認しなければなりません。この流れを無視すれば法律違反となるのです。それは薬剤師が医師と同じく、患者さんの命を扱う仕事だから。そして、医師と同じくらい重要な仕事でもあるからです。

 また、薬剤師は薬の知識だけでなく、患者さんとのコミュニケーション能力も必要となります。これは調剤薬局であっても、ドラッグストアなどで市販薬の服薬指導をする薬剤師であっても同じこと。薬剤師のひとことが、かえって患者さんの不安を大きくするようなものであってはなりませんよね。だからといって、服薬指導を怠っては大変なことになります。患者さんが「だいぶ良くなったからもう薬を中止してもいいだろう」とか「症状が軽いから2錠じゃなくて1錠でいいだろう」などと、勝手に判断したのではお薬の効果も薄れてしまうもの。つまり薬剤師には、「処方に間違いはないか?」を確認するためと患者さんが「正しく服薬できるか?」を導いてあげるという重要な役割があるのです。国家資格となる薬剤師。私たち国民が、健康に生活できるため貢献するという社会的重責を担っているのも薬剤師なのです。

【参考サイト】
●カメイ調剤薬局の健康ノート
http://www.kamei.co.jp/know/pharmacy/pdf/yakyoku10.pdf

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする