取り付け工事不要・移動可能な後付け手すり

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後付け浴室手すり『コメット』

 今回おすすめの福祉用品は、後付けの浴室用手すりです。トイレや浴室などは、特に身動きがとりにくい場所でもあります。でも、手すりがついていないご家庭は多いもの。「お風呂に手すりがあったら・・・」と感じてはいても、実際には「手すりを取り付けたくとも、工事ができなくてあきらめた・・・」という方が多いのです。

 浴室に手すりがないことでの危険性は、「滑る」「ふらつく」「転ぶ」など。水で濡れた足元はとても滑りやすく、浴槽をまたいで出入りするときには転倒しやすく、手すりがあれば、こうした危険を減らすことができます。

 でも、工事をして手すりを取り付けるには、こんな心配がつきもの。

・古い木造住宅だと、壁全体が壊れる可能性も
・取り付けたい場所に、取り付けに必要な下地がない
・取り付ける壁の材質により工事が必要になることも
・浴室の場合、水濡れ箇所は防水が必要になることも

 そこでおすすめなのが、手軽に取り付けられる後付けタイプの浴室用手すり『コメット』です。
通常は壁面に取り付けるタイプのものが多いのですが、コメットの場合、床と天井を利用してしっかりと取り付けることができ、しかも、取り付け位置の変更も可能。

価格:NEWコメット\63,000(税込)、NEWコメット(ロング)\73,500(税込)

●コメットの特徴
1.浴槽内への出入りをサポートします
2.身体状況に合わせたアームを選べます
3.設置位置や手すりの高さを変更できます
4.3点固定でしっかりと設置できます
5.5~20cm幅の浴槽縁まで取り付けができます
6.穴あけなどの工事が不要です
7.お風呂のフタもしっかりでき、お湯が冷めにくい

 うれしいのは公的介護保険にも対応できる点でしょうか・・・。
また、別売りのアームをプラスすれば、使用される方の状態に合わせて設置することができる点も、使う側の立場にたった設計だといえるのでは?

 たとえば、【コメットアーム】なら、浴槽への出入りの際にしっかりとつかまることができます。にぎり部分に突起があるため、握力が弱い方や濡れた手でも指が引っかかりやすくなっています。

 また、【フープアーム】の場合、写真のように車のハンドルのような形をしているため、足を上げるときに両手でしっかりと身体を支えることができますので安心ですよ。

『コメット』(ホクメイ株式会社)の詳細は下記URLよりご覧ください。
http://www.dipper-hokumei.co.jp/comet/comet.html

●取り付けは簡単!
1. バスタブにのせ仮止めします。
2. 天井ベースをのばします。
3. ロックします。
4. 固定ナットを締めて完了!

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする