お月さまのパワー

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

満月に出産が多いってホント?

 私の好きなモノ・・・「富士山」「桜」、そして「お月さま」。
 昼間のサンサンと降り注ぐ太陽の光は、眩しく、そして暖かくて好きだけど、真っ暗な空にポワァ~ンと浮かんでいるお月さまは、なんとも心が落ち着きます。とくに満月などは、じぃ~と眺めてしまうことも・・・。

 お月さまには三日月や満月、新月など呼び方があり、太陽と地球・月が一直線に並ぶ新月になる時期は、太陽=意志と月=心が一致しやすいそうです。

 そう言えば、満月に出産が多いという話を聞いたことはありますか?
 月には不思議なパワーがあり、昔は、月の満ち欠けに合わせて作物のタネを蒔き、収穫していたとも言われています。

 また、女性の生理や美肌づくりに欠かせないターンオーバーも、月の満ち欠けと同じ周期。月が地球を一周するのも、ほぼ同じですよね。それに、五臓六腑といわれる心臓や肝臓、腸などもすべて「月」という字が使われています。

新月にノートに願い事を書くと叶いやすい

 3月は20日が満月になりますが、次の新月は4月の3日。
 新月は「意思」と「心」が一致しやすいということで、新月から8時間以内に願い事を10個以内、プラスの言葉を使って手帳やノートに書いてみましょう。

 願い事は、「今月も仕事がうまくいきますように」「今月はいいことがありますように」というよりも、「今月は契約が●●本決まりますように」「今月は売上が●●万円になりますように」「今月はテストで●●点取れますように」などと、できるだけ具体的に書いてみてください。

 願い事の数は2個~10個以内。ノートでもコピー用紙でもOKなので、白い紙に黒ボールペンで手書きすること。パソコンではダメなんですよね。

 「そんなの効果あるの?」と思いたくもなるでしょうが、お金もかからないことですし、何でもダメもとで挑戦してみると、意外な効果があるかもしれませんよ。

【参考サイト】
●月の満ち欠けを知るなら「The moon age calendar」
http://www.moonsystem.to/index.html

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする