緊急時の女性用衛生用品の作り方

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第64回

 今回は、緊急時の生理用ナプキンの作り方について。

 みなさん、こんにちは。先週の地震、本当にびっくりしましたね。みなさんは大丈夫でしたか?そしてご家族や友人の方はみなさん、大丈夫だったでしょうか?まずは亡くなられた方への哀悼の意とそして被災された方へのお見舞いを申し上げたいと思います。

女性専用Photo by Mike Schmid

女性専用のお話です

 ということで今回は何か少しでも被災された方へ有益な情報をと思います。私だったら何に困るだろう?ということをいろいろと考えた結果、水や食料などライフラインはもちろんなのですが女性の場合、生理になってしまった際にナプキンがなくて恥ずかしい思いをしたり、あと衣類への支障などもとても辛く、また困ることだろうと思ったので緊急の際の対処法についてご紹介したいと思います。

 まず長袖のTシャツなど衣服の袖を夜用ナプキンの長さくらいに切ってください。次に切った袖にタオル、コットン、もしあればトイレットペーパー等吸収性の良い物を挟みます。固定と染みもれの防止を兼ねて袖の中にガムテープを通して下着に固定してください。もしおむつなどの物資(実際に今回、おむつについてはあかちゃん用とおとな用がユニ・チャーム社から既に支給されているそうです)が供給されている場合は余裕があるようであればそれを分割して袖の中にいれるのも一つです。特におむつの吸水部分は生理用ナプキンのそれと同様の働きをするので2日目、3日目にその部分を使うようにするとよいかと思われます。もちろんナプキンの支給がある場合はそれを用いればよいのですが、限られた物資の中では十分に行き渡るかどうか解りませんし、今回のような大きなショックで突然なってしまう人も多いのでこういった方法を知っておくのはよいかと思われます。

 今回、既にTwitterなどでもこの方法も含め、いろいろな情報が紹介されていますが、1人でも多くの方に情報が届く一助となれば幸いです。

 とにもかくにもまだまだ安否の解らない方も多くいる中、不安な夜を過ごされている方も大勢いらっしゃるかと思いますが、それぞれが今出来ることをすることで日本が一つになって頑張る時だと思います。

 一人でも多くの方の生存が確認され、そして一時でも早く被災地の方達に少しでも心休まる、それは物資の到着であり、再会であり、癒しであり、希望も含め、そういった時間が届けられますようお祈り申し上げております。

飯野耀子元AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国語版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする