やさしく触れるタッピング・タッチ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心身ともに緊張をほぐし癒す技法

 タッピング・タッチをご存知ですか?

Relax
Relax / Scarleth White

 これはホリスティック医療として注目を集めている療法のひとつ。指の腹を使い、まるでタイピングをするように軽く弾ませ、左右交互にやさしくたたきます。こうすることで、心身ともに緊張がほぐれ癒されます。

 タッピング・タッチを考案したのは臨床心理学者の中川一郎氏。技法はいたってシンプルで簡単なことから、子どもや障碍のある方でも行え、しかも専門的な利用もできるため、幅広い分野で応用できる点がすごいですよね。

個人だけでなく医療の現場でも使われている

 このタッピング・タッチ、こんな場面で役立っています。

  • 日常的に、お互いをケアしあうために
  • セルフケアとして、心身の健康を保つために
  • 人間関係をよりよく楽しくするために
  • 日常的に、こころと体の手当てとして
  • 災害や事故など、心や体のケアを必要とするとき
  • 紛争や戦争被害者のこころのケアと平和のために
  • 心理・教育・福祉・医療などの専門分野での利用
  • 自然な感性をとり戻し、人や環境を大切にする為に

※WEBサイト「Tapping Touch」より引用

 4月13日付の朝日新聞朝刊では、タッピング・タッチを授業に取り入れている自由学園の教諭・更科幸一さんの記事が「やさしく触れて安心/被災地でタッピング・タッチ」ということで掲載されています。

タッピングの心理的・身体的・人間家関係における効用・効果

 考案者の中川氏は、「相手の体に触れることは、私はここにいますよと伝えること。やさしくタッチされた人は、独りじゃないと安心する」と話しています。

 また、更科教諭は「家族や友達同士でも、触れあうことが少なくなっているので、被災地以外でもぜひ試してみてください。心が穏やかになり、その場も和みます」と。

 タッピング・タッチには、こんな効用と効果があります。

●心理的効果

  • 不安や緊張感が減り、リラックスする
  • 肯定的感情(楽しい、ここちよい、気が楽になる等)が増える
  • 否定的感情(いらだたしい、深刻、寂しい、自責の念など)が減る
  • こだわりがほぐれ、積極的またはプラス思考になる
  • とても大切にされた、いたわってもらった感じがする
  • 幼い頃のことなどを思い出し、穏やかな気分になる

●身体的効果

  • 体の緊張がほぐれて、リフレッシュする
  • 体の疲れや痛みが軽減する
  • 身体的ストレス症状(肩や首のこり、緊張、ストレス感など)が減る
  • 体が温かくなり、鈍っていた体が動き始める(深い息など)
  • 麻痺していた身体感覚が正常になる
  • 副交感神経が活発になる傾向がみられる

●人間関係における効果

  • 場が和やかになり、交流が深まる
  • 親しみがわき、安心や信頼感を感じる
  • 話しやすくなる・話したくなる
  • 家族でのスキンシップや会話が増える
  • 自立した関係でお互いがサポートしあえる

※WEBサイト「Tapping Touch」より引用

 あなたもタッピング・タッチで心身ともに癒されてみませんか?

*タッピング・タッチの基本形はこちらをご覧ください。自分でもできるセルフ・タッピングもありますよ。

————2011.06.15 追記————
掲載紙名に誤りがありましたので、訂正しました。
————————————

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする