キレイな姿勢と体に良い姿勢

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛や肩こり・頭痛も悪い姿勢が原因?

 桜もかなり開いてきました。暖かくなってくると薄着になり体の線が出やすくなりますが、みなさんは姿勢を意識されていますか?

姿勢は大切ですPhoto by stevendepolo

きゅっと伸ばしましょう

 姿勢が悪いと見た目が悪いだけでなく、健康にも影響を与えてしまうんです。腰痛や肩凝り、頭痛なども、実は姿勢の歪みが原因だったということも多いと言います。では、姿勢に関するセルフチェックをしてみましょう!

  1. 腕や足を組んでいることが多い
  2. パソコンをしていると、ついつい猫背になっている
  3. 机と椅子の高さが合っていない
  4. 机の下に物が置いてあり、真っ直ぐに座れていない
  5. メガネやコンタクトの度が合っていない
  6. センチ以上のハイヒールを履いていることが多い
  7. 時間以上同じ姿勢で仕事をしている
  8. 歯の噛みあわせが合っていない
  9. きつい下着やGパンなどで体を締め付けている

いかがですか?該当する項目が多いほど要注意です。正しい姿勢の条件は人によっても違いますが、要は「体に良い姿勢かどうか」ということ。いくら姿勢がキレイに見えたとしても、それが無理をしているのであれば、体のどこかに負担がかかっているはず。

胸を張っている姿勢は体に強い負担をかけている

 「疲れない」「体に負担がない」「動きやすい」ということが、体に良い姿勢の条件です。で、体に良い姿勢って具体的にどんな姿勢かと言いますと・・・

 「耳たぶ⇒首の中心⇒お腹の中心⇒膝⇒くるぶし」が一直線上になる姿勢。胸を張ってさっそうと歩く姿はキレイな姿勢に見えますが、それを意識し過ぎて胸を突き出した姿勢になっていたのでは、背中から肩・首にかけて強い負担がかかります。

 とは言え、腕や足を組んだりすることも体の歪みになるのですから、正しい姿勢をキープするのは大変なこと。でも、姿勢があちこちと体の不調に影響を与えているとしたら、やはり正しい姿勢を身に付けたいものです。

まずは、こちらの姿勢インフォメーション「姿勢チェックテスト」で姿勢チェックしてみませんか?

 こちらのサイトでは、姿勢に関する初級・中級・実践編として、正しい姿勢について詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする