本来の能力を引き出すコーチング

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知識や経験則に基づき相手を活かす技能

 “日本コーチ連盟”なんて聞くと、サッカーやスケートなど、何かスポーツのコーチたちが集まっているのかしら?と思いますよね。ここでいうコーチとは、『コーチング』をする人のことです。みなさんの中には、コーチングをご存知の方もいらっしゃるのでは?

コーチの指導

指導!

 コーチングとは、知識や経験則に基づいた指導方法で“相手を活かす技能”のこと。よく耳にする「カウンセリング」は、個人が抱える問題や悩みに対してアドバイスをして解決に導きます。また「コンサルティング」は、企業や組織に対して診断・分析し、専門的な知識や技術を用いてアドバイスをします。よく経営カウンセリング、心理カウンセリングなどという言い方をしますよね。

自分自身からアドバイスを受けるコーチング

 コーチングとカウンセリング、コンサルティングの大きな違いは、「誰が答えを出すか」にあります。もちろん、カウンセリングでもコンサルティングでも、アドバイスを受けて判断をするのは自分自身ですが、コーチングの場合、コーチの問いかけにより、自分がどうすればいいのかを自分自身の心からアドバイスを受け、答えを導き出していきます。

 つまり、コーチングは相談者が自分自身と対話をすることとなり、コーチングを繰り返すことでその人が本来持っている能力を引き出し、すべてのことに対応していけるようになります。

コーチングは根本的原因を取り除く東洋医学と似ている

 医療にたとえるならば、西洋医学のようにその場の症状・病気に対応する対処療法がカウンセリングやコンサルティングであり、東洋医学のように病気になった根本的原因を取り除いていくのがコーチングだと言えるのでは?

 日本コーチ連盟は、こうしたコーチングの力を広めると共に、コーチング技能の研究やコーチの育成を行っている団体です。連盟のWEBサイトには、「娘との会話が飛躍的にふえました」「すべてが学びであり、気づきである」「本来の『感覚』が理解できるようになりました」など、コーチングを受けた方の声が掲載されています。

日本コーチ連盟
また、コーチング、カウンセリング、コンサルティングの違いについては、こちらのサイトが参考になりますよ。
コーチ・ワントゥワン

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする