背中や腰に自分で湿布が貼れるグッズ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりでも背中や腰に湿布が貼れる

 肩が凝ったなぁ・・・、腰が痛いぃ・・・。でも、こんな時に自分で背中や腰に湿布を貼るのって難しいですよね。湿布についている透明なフィルムを剥がして背中や腰に貼ろうとしても、湿布の端っこが折れてくっついてしまったり・・・。

 そこで今回ご紹介するのが、旭電機化成株式会社より発売されている、自分で湿布が貼れる便利な補助具『しっぷ貼り/ひとりでペッタンコ』です。

使い方はとっても簡単!

  1. プレートカバーを持ち上げ、粘着面を上にしてプレートに置き、湿布のフィルムを7分程度まで剥がします。
  2. カバーを閉じ、軽く押さえて残りのフィルムを剥がします。この時、湿布がシワになったり斜めになったりしないように注意が必要です。
  3. プレートを写真のように持ち、貼りたい部分に持っていきます。プレートの先で湿布を軽く押さえながら、身体に沿って貼る方向に真っ直ぐ動かします。この写真のように肩に貼る場合なら、下から上に向かって真っ直ぐと動かしてください。

 上手に貼るコツは、プレートの先を軽く身体につけるようにして真っ直ぐ動かすこと。プレート全体を身体につけてしまうと、先の部分が浮いたようになり、うまく貼れなかったり、ずれたりする場合もあるそうです。

 コツさえ呑み込めば、ひとりで簡単に湿布が貼れそうですよね?
湿布のサイズは10cm×14cmが標準だそうですが、こちらの商品の場合、小さいサイズの7cm×10cmタイプにも使うことができますよ。

商品名:しっぷ貼り ひとりでペッタンコ
色:ブルー、ピンク
メーカー希望小売価格:1,575円(税込)

●商品の詳しい情報はこちらをご覧ください。 

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする