足湯?いいえ。足浴してみよう

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第66回

 今回は、足浴。

 みなさん、こんにちは。だんだん気候が暖かくなってきて初夏の装いをしたい季節になってきましたね。中でも足元のおしゃれって季節を感じませんか?最近はブーツ→サンダルという方も増えていて(かくいう私もそう!もうミュールってサイコーです♪)今くらいの季節からペディキュアやフットケアに力を入れ始める方も増えますよね。

なかよく足湯Photo by hildgrim

なかよくつかる

 とそんな足について先日銀座で面白いサービスを見つけました。題して「足浴」。これはリフレクソロジーなどのサービスを提供しているサロンがやっているものなのですが足を洗ってくれるメニューなんです。まず入浴剤の入ったお湯に足をつけて足湯をします。温度はちょっと高め。それから片方ずつ、足の裏や甲、そして足首くらいまでスクラブをかけてくれます。その後、1か月くらい使った感じの柔らかさのブラシで指の間をお湯の中でマッサージがてらブラッシングしてくれます。そして足を拭いたらサロンで売られている“足が臭わなくなる”という足用の化粧水と踵に保湿用のクリームを塗ってくれる(冬場はもちろんのこと、夏場も結構皮膚は乾燥するので年間を通してのケアがおススメです)のです。所要時間10分、お値段は525円です。

 これなら仕事の合間などにちょっとした気分転換にお茶の代わりにっていってもいいし、冷え症の人なんかはちょっと温かいお湯に足を浸すだけでも血のめぐりがよくなりますし、むくみやすい人はストッキングを脱ぐだけでも改善効果が見込めます。

 足裏にはツボがたくさんあるのでスクラブでそれらを刺激してもらうのもリラックス&リフレッシュ効果があってよいですよ。

 更に足が臭わなくなる化粧水は別として(笑)、それ以外の行程はおうちでも簡単に出来ますよね。またこれなら避難所などでもお湯が確保できれば割合に簡単にすることができます。マッサージとなると専門的な知識などが要求されますが足を洗ってスクラブをかけてあげるだけなら子供でも安心してできます。

 そして足のケアでぜひやってもらいたいことがもうひとつ!それは親指の両脇に溜まるゴミや垢のお掃除。お風呂や足湯に足をつけたあとの方がやわらかくなってとりやすいのですが親指の両脇のところってよくよく見るとフゴフゴしたものが溜まっているんですよ。これは靴下や大気中にあるゴミと皮膚から出た垢が混ざったもの。これを定期的に取っているのといないのでは足の臭いが違いますから今までやってなかったという方はぜひやってみてくださいね。

 人から足を洗ってもらうってちょっとした贅沢気分も味わえますし、カップルとか家族でやりっこするのもみんながいい気分になれていいと思いますよ。

 今年の夏はぜひこの足浴、生活の中に取り入れてみてくださいね。

飯野耀子元AllAbout食育ガイド/ myfood.jp編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国語版)
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする