雑炊とおじやの違い

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑炊とおじやの違いは水分量だけ?

「雑炊とおじやってどこが違うの?」

と聞かれて、「水分量の違い」と答える方が多いはず。雑炊は水分が多く、おじやは水分がほとんどない・・・。では、雑炊とおかゆはどう違うのでしょう???

辞書で引いてみると―

●雑炊・・・飯に魚貝や野菜などを加え、醤油味や味噌味の汁で粥(かゆ)状に煮たもの。
●おじや・・・味噌汁などで煮たかゆ。雑炊。「じや」は煮える音とも、「じやじや」と時間をかけて煮るからともいう。
●粥(かゆ)・・・水を多くして米を軟らかく煮たもの。

雑炊もおじやもおかゆがベース

「ウィキペディア wikipedia」では、雑炊とおじやの違いについて次のように書かれています。

「おじやは、雑炊を意味する女房言葉として用いられる例が多いが、地域や家庭によっては、雑炊とおじやとが別種のものとして認識されることもある。ただし、その区別は広く共通のものとはいい難い。以下はその例。
・調理にあたり、米飯をいったん水で洗い、表面の粘りをとってから用いることで、さらっと仕上げたものが雑炊。そうでないのがおじや。
・汁とともに温めるだけ、または水分が飛ぶほどには煮込まず、米飯の粒の形を残すものが雑炊。煮込んで水分を飛ばし、米飯の粒の形をさほど残さないのがおじや。
・味噌や醤油で味付けをしたものがおじやと呼び、雑炊は塩味または煮汁が白いものと認識している地域がある。その一方で塩味に限らず醤油味のものも雑炊と呼ぶ地域もある」

こちらは雑炊です

こうしてみると、まず雑炊もおじやもおかゆがベースになっています。そこで、具が入り味付けをし、汁けを残したものが雑炊、汁けがほとんどなくなったものがおじやということで分類することができるのでは?

また、雑炊とおじやの違いは味付けにもあり、雑炊は鍋物の残り汁などにご飯を入れて作ることが多く、味付けは鍋物のお味ということになります。一方、おじやはご飯が残っているときなどに残り野菜と一緒に作ることが多く、味噌や醤油でしっかりと味付けをする点も、両者の違いと言えるのではないでしょうか。

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする