友ト

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何かと追い越し追い越され、そして負けじと追い越す人、一方でマイペースな人もいる。人生や社会の冷めた競争は考えません。今は共に切磋琢磨、そうであってほしいです。

「友ト」

何を想い
これまでどれ程の人が登ったのだろう


その坂を急いで登る
昔とは違い
今では女性が多くなった

何に挑むため
これまでどれ程の人が降ったのだろう


その坂をゆっくり降る
昔とは違い
そこに連れはいなかった

どれも時が成したこと
あれから変わったということ

それは歩んでいるということ
変わることができるということ

追い越し坂の次の坂を

私たちは共に登っている
ゆっくりと


藤村洋介
元役者。気仙沼市在住。
詩や短篇の物語を中心とした朗読文を創作。3.11東日本大震災の経験を受け創作活動を再開。現在、気仙沼の復興のために活動している。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする