エビデンスに基づく“サクセスフルエイジング”

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “幸せに歳を取りたい・・・”、人は皆そう思うものです。そのために何を気をつけるべきかさまざまな書籍がでています。自己啓発しかり、美容関係しかり、老後資金計画ももちろんあります。でも、やっぱり一番大切なのは健康ですよね。「サクセスフルエイジングのための3つの自己改革」の著者である医学博士 川田浩志は、サクセスフルエイジングのための道筋を、次の3つのステップに定義しています。

(1)エビデンス(科学的な証拠)に基づいた“脳を育てる方法”を生活に取り入れる。
(2)それにより脳の構造と神経回路の流れを自分のプラスになるよう変えることができる。
(3)その結果、考え方や勉強・仕事効率が改善し、幸せ度もアップ。さらに未来の運命も好転させる。

 健康で幸せな人生を送るための日々の過ごすためには、「食事」がとても重要です。日々の食事から、しっかりと抗酸化成分を摂取できていますか?新しく作られた脳細胞の酸化を防止するには、“脳のサビ止め”として野菜や果物などから抗酸化物質を摂ることが欠かせません。たとえば、リンゴに含まれるフラバノールという抗酸化物質グループに含まれるエピカテキンは、シナプスの可塑性を向上させて記憶力を増強したり、脳内血流を改善、さらに血管の新生を促進することがわかっています。エピカテキンは、温州ミカン、サクランボ、ココアにも含まれる成分です。

 同時に、脳細胞の働きを高めるには食事を摂りすぎると逆効果と言われています。むしろカロリー制限をしたほうがよいのです。サルの実験では、普通レベルで飼育したサルよりも、70%ほどにカロリー制限したサルのほうが、運動や高次脳機能に関与する場所の萎縮が少なかったのです。BDNFという神経栄養因子の分泌がカロリー制限により促進されると考えられています。こうした科学的事実は『シニアの食生活』の指針を立てるヒントにもなります。

 また、脳力や体力を向上するために「運動」も欠かせません。実は、運動こそが最も強い脳細胞新生力を発揮する刺激と考えられています。運動した当日には早くも脳細胞の新生促進がはじまるのに加え、新しく生み出された脳神経細胞は、質のよいLTP(long-term potentiation)が発生しやすいのです。 さらに、運動によって脳内で神経や血管にとって栄養となる因子の分泌が刺激されることで、脳の可塑性や血管新生が促され、神経の機能維持にも有効であることが明らかになっています。

 ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動は、適度なフリーラジカルを発生させ、脳細胞内のDNA修復酵素や抗酸化酵素を誘導します。また、血管壁では適度に一酸化窒素が産生されて脳血流が増え、脳機能が活性化するのです。ただし、あまりにハードな有酸素運動は一酸化窒素の濃度が高くなりすぎるため注意が必要です。

 サクセスフルエイジングのために「食事」「運動」が必要なのは分かりましたが、もうひとつ忘れてはないないものがあります。なんだと思いますか?答えは、「幸せ力」です。ノーベル経済学賞を受賞したカーネマン博士が、年収と幸福度の関係を調査したところ、年収が相対的に低めの人の場合、年収が約100万円上がるごとに幸福度も上がるのですが、年収約500万円を超えて、ある程度の生活水準が維持できるようになると、その後はいくら年収がアップしても、統計的な幸福度に有意差は認められませんでした。これは、収入が増える分、仕事も増えてメンタルストレスも増え、結果的に幸福度の上昇を打ち消してしまうのが原因と見られています。他にも、購買力の上昇と生活満足度が、正比例で相関しないという調査結果はいくつもあります。

では、「幸福度を上げる方法」とは何なのか?

 米国で行われた調査結果を示しましょう。

エビデンスのある「幸福度を上げる方法」

(1) 他人のためにお金を使う
(2) 親切にする
(3) 感謝する
(4) 許す
(5) 自分の尺度で考える
(6) 細部より全体で見るようにする
(7) その日の良い出来事を3つ記録する

 中でも興味深いのが、(7)その日の良い出来事を3つ記録する=“three good things”と呼ばれるテストです。内容は、被験者がその日にあったよかったことを3つメモし、1週間後にもう一度、21個のメモを読み返してみること。その結果、被験者の幸福度は上がり、抑うつ症状は減少したのです。そしてテスト終了後も、半数の被験者が半年以上も毎日”three good things”を続けたのです。幸福を身近なところに見つける、とてもよい習慣ですよね。

 気持ちだけで、健康にしあわせになりたいと思っていても、疲れたり、ハプニングが起こったりするとなかなか維持し続けることは困難です。エビデンスに基づいた「食事」「運動」「幸せ力」を習慣として続けることで「脳」を活性化させ(うつを撃退し)、いつまでも幸せな日々を過ごしましょう。

サクセスフルエイジングのための3つの自己改革 サクセスフルエイジングのための3つの自己改革
川田 浩志

保健同人社 2007-10
売り上げランキング : 380309

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする