心理判定員

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題を抱える児童と保護者を心理学面でサポート

 心理判定員は、非行など問題を起こしたり、虐待・養育の不安・発達上の問題等を抱える児童や、その保護者の相談に応じて面接や心理検査や観察を行います。その後、児童福祉司や精神科医などと連携を取りながらカウンセリングや心理療法を行い、問題の改善・解決を目指していきます。

具体的な業務は、対象となる児童または保護者の心理状態を確認するために、検査や対話といった個別療法や、レクリエーションなどを通じた集団療法を行います。また、児童といっしょに遊ぶ中で話を傾聴し、そこから問題解決の糸口を見つける遊戯療法なども行われています。

地方公務員のカウンセラー

 心理判定員は、国家資格や認定資格ではありません。地方公務員試験に合格し、心理関係の業務に就くことで得られる認定資格です。心理判定員の活躍の場は以下の通りです。

  • 児童相談所
  • 身体障害者更生相談所
  • 肢体不自由児更生施設
  • 重症心身障害児施設
  • 内部障害者更生施設
  • 婦人相談所
  • 知的障害者更生相談所
  • 聴覚・言語障害者更生施設

 なお、児童相談所で働く心理判定員は、2005年より児童心理司と呼ばれています。

心理判定員になるには

 心理判定員として仕事をするためには、まず以下の条件が必要になります。

  1. 精神衛生に関係する学識経験を持つ医師、または同水準の方
  2. 大学や大学院において心理学を専門に学び、または同水準の過程を修了して卒業した方

 さらにその後、上級(Ⅰ種)地方公務員採用試験に合格する必要があります。待遇面では、公務員ですので、収入も安定しています。また、私営施設に勤務する場合でも、収入は公務員に準ずるなど、安定している一方、求人数は多くないのが現状です。

【参考サイト】
●カウンセラーの資格徹底ガイド 心理判定員
http://sy.icg-jk.com/260/
●臨床心理士ガイダンス 関連資格 心理判定員
http://clinicalpg.jp/d10psychology-judgment-member.html

丸山りん。ライター・SOHO。愛知県豊川市在住。自閉症と軽度知的障害を持つ中2男子と、年子の弟の2児の母。自身も重度のうつ病経験を持ち、9年の闘病を経て回復。無駄を省いた生活、および家族との会話と3匹の猫をこよなく愛し、自他ともに認める「THE おかあちゃん」。息子達の進路に頭を悩ませ、奔走する日々を送っている。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする