曲がった背中をカバー、スタイリッシュに!

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年齢や環境が違っても人々の想いは同じです。ただ、加齢や事故、そもそもの体質など、人それぞれに体調は異なり、また加齢で身体状態は変化しています。「今までは簡単にできていたのに、最近やりずらくなった」。そんな瞬間が増えると、せっかく前向きな気持ちで毎日を過ごそうとしていたのに、なんだか気分が沈んでしまうことも少なくありません。まして、自分だけが感じる体力の衰えや老眼ならまだしも、他人の目にふれる身体の変化や毛髪の現象などは、さらに気分を憂鬱にしてしまうでしょう。そんな方の気持ちを汲み取ることで生み出された、今、市場で大人気の『加齢で変化した体系に合わせたファッション』をご存知ですか?

 今、高齢の女性たちのおしゃれ心をとらえて離さないのが、『マダムトモコ』です。加齢で背中の曲がってしまった女性用のファッションを販売して急成長をとげているアパレルなんです。社長は、最近まで専業主婦だった女性。趣味だった洋裁の技術を活かし、背中が曲がった方用の型紙を特許申請したのがはじまりで、50歳過ぎてからスタートさせたというから驚きです。フルタイムの仕事をされていない専業主婦の方が特許を申請すると、特許料も1万5千円~でできるからという気軽な気持ちで応募されたようですが、まずはそのトライしてみるという気持ちが大切なんですね。

 きっかけは、義理のお母様の誕生日プレゼント。旦那様から義母へのプレゼントに洋服を作ってほしいと頼まれ、背中が曲がった義母が着やすいように、前を短く、後ろ(背中)を長くしたブラウスを作るとこれが大評判。通常のブラウスだと、どうしても背中の長さが足りず後ろ姿が気になってしまう、かといって大きいブラウスだとおしゃれ心が満たされない・・・・。曲がった背中をカバーして、さらに、おしゃれに着こなせる服は、待ちに待ったものだったのです。

 口コミで評判を呼び、義母の有人やその友人から注文がひっきりなしにくることに・・・。娘さんの「特許とれば」というたった一言で特許を申請後はじめたネット通販。自分がモデルとなり、小さくはじめたネット通販も、今では、多いときは月に800万円の売り上げとか・・・。

●曲がった背中もカバーしながら、おしゃれ心を大切にする
●大好きな趣味の洋裁を活かす
●特許をとにかく申請してみる

 シンプルで素直な気持ちが創りだした、しあわせな事業ですね。
 好奇心旺盛に、今を楽しんで生きる。お客様は、そんな気持ちに気付かせてもらえる幸せも、『マダムトモコ』からもらっているのかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は・・・
『マダムトモコ』
http://www.madametomo.jp/

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする