障害者補助犬はペットではありません。その違いは?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身体障害者補助犬とは?

 ほじょ犬(身体障害者補助犬)とは、身体障碍者の生活を手助けする「盲導犬」「介護犬」「聴導犬(ちょうどうけん)」のことをいいます。特別な訓練を受けた犬たちで、身体障害者補助犬法に基づき認定されています。

 「盲導犬」とは目の見えない人、見えにくい人が街中を安全に歩けるように段差や曲がり角を教えます。ハーネス(胴輪)をつけているのが特徴です。
 「介護犬」は、手や足に障害がある人の日常の生活動作をサポートします。落としたものを拾ったり、ドアを開けたり、スイッチを押したりします。着替えも手伝います。
 「聴導犬」は、耳が聞こえない人、聞こえにくい人に、生活の中の必要な音を知らせます。玄関のチャイムの音、FAXの受信音などを聞き分けます。車のクラクションや非常ベルも教えます。

 公共施設をはじめ、飲食店、病院、宿泊施設など、いろいろな場所でほじょ犬を受け入れることは「身体障害者補助犬法」で義務付けられています。犬だからという理由だけで拒否されず、障害者を助けてくれる大切なパートナーとして受け入れられるよう守られているのです。

障碍者、店舗・企業、双方を守る ―― 身体障害者補助犬法の改正

 身体障害者補助犬法は平成14年10月1日から施行され、この法律によって交通機関や公共施設へのほじょ犬同伴ができるようになりました。その翌年、平成15年10月1日からは、スーパーマーケットやレストラン、ホテルなどの一般的な施設にも同伴できるように改定。また平成19年12月には、ソフトに関する法律の一部が改正されています。主な改正点は大きく分けて2点あります。

<1>相談窓口の設置

ほじょ犬同伴者や受け入れ施設からのトラブルに対応する相談窓口が、各都道府県、政令市、中核市に設置されました(平成20年4月1日より施行)。
レストランや遊具施設などの事業者からの接客方法などの相談を受け付けるとともに、店舗や施設を利用しようとした障害者とほじょ犬が断られてしまったなど、障害者からの苦情も受け付けるなど、双方からのさまざまなケースに対応できる窓口です。これにより、実践される法律として運用されるようになりました。

<2>民間企業での受け入れの義務化

一定規模以上の民間企業で勤務している身体障害者のほじょ犬使用の受け入れが義務化されました(平成20年10月1日施行)。
ほじょ犬を職場に連れて行くことが守られ、企業での受け入れ態勢も強化され、障害者の社会参加の機会が広がっています。

 障害者がほじょ犬といっしょに、快適に社会参加できる社会になるよう、障害者補助犬法を通じてさまざまな取り組みが行われています。

補助犬同伴を受け入れるために(事業者へのアドバイス)

<1>ふつうのペットと区別しましょう!

盲導犬は白または黄色のハーネス(胴輪)が目印であり、介助犬・聴導犬は胴着などに表示をつけています。また、使用者本人には認定証(盲導犬の場合は使用者証)の携帯が義務づけられているほか、補助犬の公衆衛生上の安全性を証明する「身体障害者補助犬健康管理手帳」などの健康管理記録を携帯しています。
これらの表示等をすることなく、犬同伴のお客様が「補助犬」と称して施設などの利用を主張しても、規定の表示をしていない場合は事業者側に受け入れの義務はありません。
補助犬かどうかの確認が必要な場合、事業者は使用者に認定証の提示を求めることができます。補助犬を受け入れる際に「認定証を確認させていただけますか?」と声をかけることは、補助犬使用者に対して失礼にはあたりません。

<2>ほじょ犬受け入れ啓発について

店舗を利用するお客様に対しての説明も飲食店では特に重要になってきます。それぞれお客様ごとに個別に説明することも重要ですが、施設や店舗内にステッカーやポスターなどを掲示することは啓発に大変有効です。その際にはお客様へのご説明事項を簡潔に書くとよいでしょう。
専用の受け入れステッカーも準備されていますので、相談窓口にお問い合わせください。また、ステッカーの近くに、『当店では補助犬の同伴ができます。ペットの持ち込みはできません。』などの注意書きを添えることで、一般のペットの同伴抑制がより簡易になります。

障碍者にとってのほじょ犬とは・・・

 補助犬はペットではありません、からだの不自由な人のからだの一部です。
 補助犬とは、目や耳や手足が不自由な人のお手伝いをする、盲導犬、介助犬、聴導犬のことで、からだの不自由な人のからだの一部であり、ペットではありません。「身体障害者補助犬法」に基づいて認定された特別な訓練を受けた犬で、社会のマナーも守れますし、お手入れも行き届いていて衛生的です。ですから、公共施設や交通機関をはじめ、飲食店やスーパー、ホテルなど生活に必要な場所に同伴することが許されているのです。どこでもいっしょに行動し、障碍者の社会参加と自立を助ける温かい存在なのです。

 ほじょ犬のことをもっと知りたい方は、厚生労働省の身体障害者補助犬法のページを是非ご参考にされてください。

※参考資料:厚生労働省『身体障害者補助犬法』について

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする