「復興」

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災の被災地の一つ、宮城県気仙沼市から詩をお届けしています。この詩が何かのお役に立ったなら幸いです。
 多くの方々からの支援を受けて、町が動き始めました。東日本大震災から半年が経とうとしていますが、町のあちらこちらで震災の爪痕が残っています。町中の建物の外壁を見上げると茶色の線がくっきりあります。それが津波の高さです。

「復興」

家壊されようと
心しっかり形ある。

橋無くなろうと
絆深く繋がって。

街消えてしまったが、
みんなで作った模型の町で
昔話に花咲かす。


藤村洋介
元役者。気仙沼市在住。
詩や短篇の物語を中心とした朗読文を創作。3.11東日本大震災の経験を受け創作活動を再開。現在、気仙沼の復興のために活動している。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする