すべての方に「ユニバーサル」と「バリア」

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モノを買う時「ユニバーサルデザイン」という言葉やマークを見たり聞いたりしたことはありますか?普段は特に意識していないけれど、そういえば、毎日使う電化製品や文房具など、身近なところで目にしているなあ、などと感じる方も多いのではないでしょうか。

 「ユニバーサル=普遍的な、全体の」、つまり、すべての人のための、いつの時代も変わらず利用できるデザインのことをいいます。年齢や障碍の有無にかかわらず、多くの人が効率よく利用できるよう採用した商品なのです。この言葉や考え方は、1980年代、ノースカロライナ州立大学(米)のロナルド・メイス教授の提唱からはじまりました。ロナルド教授自身、電動車いすを使用する障害者として、人にやさしいモノづくりを推奨。「すべての人が、できる限り利用できる製品、建物、環境をデザインすることで、デザイン変更や特別仕様のデザインが必要なものであってはならない」・・・なかなか禅問答のようで理解するのが難しいですね。そのため、教授はこんな7つの原則にしたのです。

  1. 誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
  2. 柔軟に使用できる(自由度)
  3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
  4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
  5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
  6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
  7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)

 こうした、端的で分かりやすい理論と使い勝手の良さから、さまざまな商品に適用されるようになったユニバーサルデザイン。さらに、『ユニバーサルデザイン賞』を設け、プロダクトクリエイターが人とモノの関係性を表現しつつ、さらに良い商品や新しいモノのとらえ方を育む、環境づくりまで生み出しました。

 混同しがちなのが、「バリアフリー」との違いかもしれません。「バリアフリー」は、「バリア(防壁・障害物)」から自由になることで、行動の妨げとなる障壁を取り除いた状態をあらわす言葉です。すぐに思い浮かぶのが、階段の横に設けられた車いすが通れるゆるやかなスロープ。車いすでなくても、自分の歩幅で自由に歩けるので、小さなお子様づれのお母さんはもちろん、荷物入りバギーを持ったご年配の方にも喜ばれていますよね。

 また「バリアフリー」は、どうしても物理的な意味ととらえる方が多いのですが(バリア=壁ということもあり・・・)、実はそれだけに留まりません。平成7年(1995年)版「障碍者白書」では、4つのバリアが定義されています。それは・・・、物理的バリア、制度のバリア、文化・情報のバリア、意識のバリア。「障碍」や「高齢」だけではなく、あらゆる方のバリアを取り除くという発想も含んでいるのです。ここまでの意味があったのですね。

 これについてロナルド教授も同じような意見を述べています。「すべての人が人生を生きているという事で、なんらかの障碍を持つという発想のもとに開発されたデザインがユニバーサルデザインであるべきです。自分がおかれている立場がいつ不便な状況になるかは、誰にも分からない。例えば、買い物で手がふさがってしまうこともそうだし、怪我をして鉛筆が持てなくなったり、身長が低い小さな子供の頃は、手の届く範囲が決まっているなど・・・。障害者や高齢者でなくても、生活の中に不便さ(障碍)を持っている」。

 いつも、どんな人にも、やさしいデザインを!心地よく生きていくための人類の知恵ですね。

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする