ホームヘルパーの資格とは?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホームヘルパー』と『介護福祉士』の違い、ご存じですか?

 

 介護福祉士のことを、英語でいうとホームヘルパーという意味なんじゃないの?・・・なんて理解していた方も少なくないのではないでしょうか。なかなか区別がつきにくいですよね。簡単に違いをいうと、『ホームヘルパー』は、厚生労働省から認定を受けた講習事業者の講習を修了し、「講習修了者」と認定された認定資格です。一方、『介護福祉士』は、国家試験を受けて取得する「国家資格」という違いがあります。つまり、ホームヘルパーは、決められた事業社できちんと講習を受けることにより取得できる資格なんです。

 ホームヘルパーは、在宅で暮らす際に不自由を感じる方のサポートすることが主な仕事内容となります。例えば、食事の準備や介助、入浴や排せつの補助、寝ている姿勢の体位交換、部屋の掃除など、日常生活に関わるあらゆることが該当します。また、ホームヘルパーには、1~3級までの階級があり、それぞれの階級ごとに、取得方法や仕事の内容が決められているんです。

 初級とされる3級は、座学講義が25時間、実技講習が17時間、在宅サービス提供の現場を見学する実習8時間の計50時間を受講すると認定されます。家庭で家族を介護する方を対象に自治体が中心になって認定しています。

 仕事として必要になるのは2級からです。講義58時間、実技講習42時間、施設や訪問介護企業の実習が30時間の計130時間を受講すると認定されます。3級は50時間でしたから、かなり上級の内容を長時間学ぶことになるのがお分かりだと思います。介護ケアを仕事としていくための初歩の資格といえるでしょう。

 もっとも難しい1級は、2級修了後、1年以上の実務経験者が受講できる資格です。講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間の計230時間。ケアマネジメントやケースカンファレンス、介護技術の指導など指導者としての訓練も多数含まれます。介護業界を担っていく人には必須の1級だと思われますよね。でも・・・実は、介護職員基礎研修(2007年)がスタートしたことにより、ホームヘルパー1級養成講座は2012年度をめどに廃止になることがほぼ決定しているんです。そのため、最近では、介護職員基礎研修や、3年以上の実務経験を経て、国家資格である介護福祉士を取得する方が増えているのが現状です。

 刻々と変わりゆく法律とともに、介護業界の規制の変化はこれからも避けられません。常に最新情報を取り込んで、目指す目的に合った、その時点で最も相応しい資格を取得するよう、これからも注意が必要ですね!

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする