夏の疲れは足湯で癒そう!

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性や足のむくみに足湯で血行促進!

 立秋も過ぎ、暦の上では秋ですね。
 まだまだ残暑厳しく、夏の疲れで体調を崩しやすいこの時期。
 お風呂に入ってゆっくりするのは、ちょっと暑い。それなら足湯がオススメです。

 体を温めると良いと言われていますが、どうして温めることが良いのでしょうか。
体がだるい・冷え症・足がむくむなどの症状は、本来、体内の血液中にある不要な老廃物は汗や尿によって体外に排出されます。

 しかし、血液の循環が良くないと老廃物は排出されずに血液に残ってしまい、引力の関係で下へ下へ、つまり足に溜まってしまうことが原因で起こるとされています。まずは、足を温めて全身の血行を良くすることが、健康の第一歩といえるでしょう。

あなたも病気しらずに!足湯の効果

*むくみや冷え症の改善。
*免疫力が高まることで風邪を引きにくくなる。
*基礎代謝が高くなると、痩せやすくなります。
*自律神経も安定し、ぐっすり眠れるようになる。
*代謝が良くなることで、足や汗をかいた後の嫌なにおいがなくなる。

 それでは、足湯の効果を体感してみましょう♪
 いいとこづくしの足湯の方法をご説明します。

1. バケツや洗面器にふくらはぎが浸かるくらいまでお湯をはり、足を入れる。(温度は、39~42度くらいで)
2. 時間は20分くらいを目安に行います。
3.お湯が冷めてきたら、さし湯をして温度を上げる。

 入る前に、ふくらはぎのマッサージをすると効果大!
 あまり長くつかり過ぎは、発汗で疲れてしまうのでほどほどに。足湯は、全身浴や半身浴と同じ効果が得られるので、毎日継続して行うとことで症状が改善されていきますよ。

精油(エッセンシャルオイル)で効果倍増!

 お湯をはった容器にお好きな精油を2、3滴たらして、香りを楽しみながらの足浴で気分もリフレッシュ!

眠れない時には

ラベンダーがオススメ。
鎮静効果が高く、足湯との相乗効果で体と脳をリラックスさせます。

首や肩こりなどがつらい時には

精神的な疲れからくる痛みはレモンの香りでスッキリ。
ラベンダーやネロリは筋肉の痛みを緩和します。
足湯で温まったあとに、筋肉の緊張をストレッチやマッサージなどで、体のコリをほぐしてあげましょう。

冷え症やむくみでお悩みの時には

スイートマジョラムの鎮静・鎮頸作用が血行促進。
サイプレスやゼラニウムの利尿作用が高いのでむくみに良いです。

 体調のすぐれない時、持病をお持ちの方は、医師に相談したうえで行うようにしてくださいね。テレビを見ながらでも読書をしながらでも、いつでも気軽にできる足湯で、心身ともにリラックスして、夏の疲れをスッキリさせましょう。

大金かずえ。ライター。AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー。東京都在住。20代の頃は、スノーボードと音楽(聴く側)とお酒に明け暮れるも、妊娠を機に全てやめ、2011年冬に2048gの低出生体重児の元気な娘を出産。現在は、日々成長する娘のしぐさに爆笑する毎日。のんびり楽しく子育てに奮闘中。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする