足がしびれない正座椅子

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう正座をしても足がしびれない♪

 お葬式や法事、書道・華道・茶道・琴などの習い事、和室でのお食事の際など、まだまだ私たちの生活にも、正座をする機会はありますよね。

 でも、普段正座の習慣がないと、そんな席で「正座で足がしびれて、歩けない~!」となってしまったことはありませんか?

 そこで今回、ご紹介するのが丸一木工所の「正座椅子」です。

 この正座椅子を使えば、足がおしりに押しつぶされて、しびれることもありません。またおしりを椅子に乗せる形になるので、膝への負担も減り、膝の悪い方やお年寄りの方も正座がしやすくなります。
※形状がV字形になっているため、多少、左右にバランスを取りながら座る構造になっています。

 正座椅子を使用している様子です。パッと見た感じでは、ごく普通の正座をしているように見えますよね。

 似たような商品は他にもありますが、こちらの商品は折りたたみが出来るのが特徴です。木部は桐材を使用しているため、軽くて持ち運びにも便利ですよ♪
 また、V字部分にはクッションが付いているので、畳や板の間を傷つけることもありません。

製品仕様

桐材黒塗装仕上げ(座面はクラリーノ使用 )
(大)   幅約200 mm× 高さ約150 mm× 奥行90 mm 
(中大) 幅約200 mm× 高さ約140 mm× 奥行90 mm 
(中)   幅約200 mm× 高さ約130 mm× 奥行90 mm
(小)   幅約200 mm× 高さ約110 mm× 奥行90 mm 
※広げた時の寸法です。
※色はどのサイズもグレーで統一されています。
メーカー希望価格:1,700円(税込)送料別途

●商品の詳しい情報はこちらをご覧下さい。
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/maruitimokkousyo/seiza.htm

正座椅子の高さについて

 床からの高さが高いサイズのものであれば、膝への負担が減り、足のしびれも軽減できます。一方重心が高くなるため、正座をしている間、やや姿勢が不安定になります。
 低いサイズになる程、使用していることが目立ちにくく、安定感もありますが、膝への負担は高いサイズのものよりかかります。ご購入される場合は、事前に辞書や新聞紙、雑誌などを重ねて、ご自分にあった高さを測ってからにしましょう。

丸山りん。ライター・SOHO。愛知県豊川市在住。自閉症と軽度知的障害を持つ中2男子と、年子の弟の2児の母。自身も重度のうつ病経験を持ち、9年の闘病を経て回復。無駄を省いた生活、および家族との会話と3匹の猫をこよなく愛し、自他ともに認める「THE おかあちゃん」。息子達の進路に頭を悩ませ、奔走する日々を送っている。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする