セクシュアルアンチエイジングについて

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第78回

 今回は、セクシュアルアンチエイジングについて。

 みなさん、こんにちは。10月だというのに妙に暑い日が続きますね。そうかと思うと寒いなど体調は大丈夫ですか?

 さてこの度、講談社より「キャロットパワーdeビューティ&ダイエット」という本を発売させていただきました。ニンジンの持つ様々なパワーで簡単に努力いらずにキレイになろうという本で、美容食レシピもたくさん紹介しているのでぜひ読んでみてくださいね。

 ということで今回のベター クオリティ オブ ライフではその中からいつまでも幸せに過ごしてもらうためのエッセンスをご紹介したいと思います。

 そもそも私がなぜこの本を書こうと思ったか?それはカロテノイドというのは種類によってたまりやすい臓器が違うとうことを知ったことからでした。中でも前著で取り上げたトマトに多く含まれるリコピンが男性の生殖器に多くたまるカロテノイドだというのです。これによりトマトやトマトジュースを継続して摂取している男性は前立腺がんの予防が出来ますし、更に活性酸素の害から細胞を守れるのでいろんなその部分のアンチエイジングも図れるというわけです。これはいろんな意味でこれからの高齢化社会に大切な情報だと思いました。例えば最近、大御所タレントさんたちの再婚ニュースが次々報道されましたが、彼らのようにいつまでも男性として「現役」であることを求める男性が増えていますし、仕事という場面でも「現役」でもその気持ちは同じ傾向が見られますよね?そういった意味で生命の源を作り出す臓器である生殖器がいつまでも健康で若々しくいることは大切なことですし、それが毎日の食生活にちょっと意識して取り入れるだけで簡単に出来るのであればやってほしいなと思ったわけです。

 そしてこの「現役」であることというのは女性の側にももちろん同様にあるわけで、女性器の場合は何なのだろうか?と調べてみたところなんとそれがニンジンに多く含まれるβカロテンだったわけです。

 もちろんニンジンジュースを飲み続けたからといっていつまでも閉経を迎えない、妊娠が可能というわけではありません。でも女性の場合は閉経と共に骨粗しょう症のリスクも増えますし、ホルモンのバランスも崩れやすくなります。また男性同様に活性酸素によるガンのリスクも増えるわけですから、その部位がいつまでも健康で若々しくいられることは百利あって一害なし!

 男女共にいつまでも「現役」でいることは末永く素敵な人生を送れるということですからぜひ、一人でも多くの方に実践していただきたいと思う次第です。

 “キャロットパワーdeビューティ&ダイエット“では今回ご紹介した効果だけでなくさまざまな美容と健康によいニンジンの効果をご紹介しました。更にそれぞれの効果に対してより効果を得られるように食べ合わせについてもご紹介していますので、ぜひ毎日の生活の中で実践してみてくださいね。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、元AllAbout食育ガイド
myfood.jp元編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に「夜トマトダイエット」(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)、
「合格への食卓」(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする