生活指導員

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自立のための直接支援をする職種

 生活指導員は生活相談員とも呼ばれていますが、社会福祉施設において、直接障碍のある方一人一人に関わりながら、指導や様々な相談援助業務を通して、自立生活が出来るように支援を行う職種です。

紅葉と書いてもみじと読むPhoto by midorisyu

 

 支援を行う相手は、知的・身体・精神障碍のある方だけでなく、高齢者や児童、低所得者なども該当し、福祉の課題全般を担う中心的存在だと言えます。

生活指導員の仕事は、施設の種類によって大きく2つに分けられます。

●老人福祉施設
日常の食事・入浴等身辺の自立ができるように、個別の課題やニーズを本人や家族から聞き出して、援助のプログラムを立て、実行します。また、施設の入退所手続きや、施設の環境整備・福祉事務所や医療機関との連絡調整を行います。

●心身障碍者施設
入所者の身辺自立のための指導・訓練・援助が主な仕事です。また、入所者が行う施設内作業の指導や、行事の企画・立案を行ったり、保護者・関係機関との調整も行います。こうした指導には、介護職員との協力が不可欠なので、介護職員の仕事の把握も大切な仕事の一つです。

生活指導員の活躍の場

 生活指導員になれば、以下のような施設で働くのが一般的です。

  • 知的障害者更生施設
  • 知的障害者授産施設 
  • 養護老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人短期入所施設
  • 老人デイサービスセンター

 

 そのほか、下記の職場でも生活指導員の活躍が期待されています。

  • 精神障害者生活訓練施設
  • 身体障害者療護施設
  • 肢体不自由者更生施設
  • 視覚障害者更生施設
  • 婦人保護施設

生活指導員になるには?

 生活指導員になるためには資格要件が必要ですが、内容は施設によって違ってきます。
 養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・身体障碍者療護施設などでは、特に必要な資格はないものの、求人の採用条件で社会福祉主事任用資格や、社会福祉士の資格が求められるケースは案外多いようです。また、施設利用者の送迎をするため、普通自動車免許を持っていたほうが有利な場合が多いでしょう。

 また、知的障碍者施設では、知的障害者施設指導員任用基準が必要となります。資格を取得するための要件は以下の通りです。

  1. 大学で心理学・社会学、または教育学を修めて卒業した方
  2. 高校卒業以上で、知的障害者施設で2年以上の実務経験のある方

 公立施設の場合には公務員試験、私立の施設でしたら、その施設ごとに行われる採用試験に合格をすれば、仕事に就くことができます。通常、介護職として働き始め、その後生活指導員になるケースが多いようです。

 尚、社会福祉士の資格取得については、当サイト「社会福祉士の資格があればどこにいっても働ける」のページを参考にしてください。

【参考サイト】
福祉の仕事WEBガイド 生活指導員・生活相談員
福祉・介護の仕事情報室 生活指導員

丸山りん。ライター・SOHO。愛知県豊川市在住。自閉症と軽度知的障害を持つ中2男子と、年子の弟の2児の母。自身も重度のうつ病経験を持ち、9年の闘病を経て回復。無駄を省いた生活、および家族との会話と3匹の猫をこよなく愛し、自他ともに認める「THE おかあちゃん」。息子達の進路に頭を悩ませ、奔走する日々を送っている。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする