義肢装具士に必要なこと

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

義肢装具士に必要なものとは?

 病気や事故により身体の一部を欠損した方に、人工的に手足の製作や健康を維持するため、また、身体に障碍がある方に、コルセットやサポーターなどを医師の指導のもと製作する国家資格のプロフェッショナル・・・それが『義肢装具士』です。

 繊細な動きを可能にするための工学的機能や動作ももちろんですが、見た目の美しさや自然な雰囲気といった芸術的センスが大いに求められる資格でもあるのです。そのために必要なのが、思いやりの心。

乳児の義足Photo by Giustino

いろんな人に可能性を

 使用される方とのコミュニケーションを通じて、ひとつひとつオーダーメイドでオリジナルのアイテムをつくり出していく・・・患者さまと接し、使用感を確認しながら仕事をしていく豊かな人間性とものづくりの創造性を持つ、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

 『義肢装具士』になるためには、厚生労働大臣の定める教育課程を履修し、国家試験に合格しなくてはなりません。医療系の専門学校の中に、義肢装具士専門コースを設けているところがあります。そうした厚生労働大臣の認可を受けた義肢装具士養成校で3年間のカリキュラムを習得した卒業者には、義肢装具士の国家試験受験資格が取得できると同時に専門士の称号が与えられます。卒業と同時に国家試験を受験し、合格すると『義肢装具士』の免許を取得、晴れて義肢装具士として社会での活躍の場が開けるわけです。

 美術、文化、機械工学、素材、医学などを集結したオールジャンルの仕事だといえるのではないでしょうか。『義肢装具士』になられた方は、リハビリ、医療、福祉のスペシャリスト&ものづくりのスペシャリストとして、さまざまな場面で活躍されています。

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする