これだけ!だからいい。たったひとつのボタン。

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『もしものときに、連絡できる』・・・携帯電話には、障碍者はもちろん、多くの方々の日々を守る大切な役目があります。しかし、使い方が複雑で使いこなせなかったり、また、使い方次第で逆にトラブルを引き起こしたりと、安心できる機能だけを使うのは大変です。みまもりケータイ

 ソフトバンク社から発売されている『みまもりケータイ』は、かんたんな操作で、障碍者はもちろん、未就学のお子さまからシニアまで、幅広い世代が安心して使える、防犯ブザー付きケータイです。

 音声発信先は1件のみ、着信は20件までと使用範囲が限定登録できるので、安心して利用できます。また、居場所がわかる位置情報付きメール(SMS)と位置ナビに対応しているため、『みまもりケータイ』を持っているだけで、親御さんや介護の方は、障碍者の方が、今、どこにいるのかがわかります。

 使い方は、とても簡単!
携帯の正面についているたった1つのボタンを押すだけ。たったそれだけです。

 そのボタンを押すとオーナー携帯と呼ばれる親機にすぐに連絡されるので、「ここ押せばおかあさんだよ」とわかりやすく伝えることができます。また、親機が通話中だとしても、通話状態になった時にすぐ「発信」と「居場所」が同時に知らされます。

 会話がスムーズにできないタイプの知的障碍児や障碍者はもちろんのこと、会話がある程度できても自分の場所と状況をうまく話せない知的障害児や障碍者にとっても、「居場所を同時にお知らせ」される機能が非常に役立ちます。

 また、万一の事故で第三者に介助を受けた場合も、『みまもりケータイ』についているたった1つのボタンを押してもらえば親機に通じます。例えば、お子さんが突然交通事故に遭った時も、倒れているお嬢さんが身につけていた携帯からすぐに母親に連絡が入ったということがあったそうです。普通の携帯だと、第三者が親御さんに連絡を取ろうとしてもどこに電話をしていいかがすぐには分かりません。とにかくボタンを押せば通話も居場所も伝えられるというシンプルさが大切なのです。

 ストラップを引くと大音量のブザーが鳴り響き、同時に居場所を位置情報付きメール(SMS)で送信するので、社団法人 日本PTA全国協議会推薦、全国子ども会連合会推奨商品として認められています。

 より便利に、使いやすくするためには、ただ機能を盛り込むだけではなく、逆に機能をそぎ落として使用方法を限定することもとても大切ですね。

 ソフトバンク 『みまもりケータイ』
 
 ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする