特別支援学校教諭というお仕事

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人一人に合わせた自立教育を

 特別支援学校教諭と聞いて、「どんなことを教える先生かしら?」と思われるかも知れません。目や耳が不自由だったり知的障碍があったりする子どもたちが通う学校のことを、以前は養護学校、盲学校、聾学校などと呼んでいました。

 ところが、2007年4月よりこれらの学校が一本化され、障碍種別を超えて「特別支援学校」として生まれ変わったのです。それに伴い、子どもたちを指導する先生の呼び方も「特別支援学校教諭」と変わりました。

職員室Photo by naosuke ii

先生のいる職員室…

 特別支援学校教諭は、特別支援学校や普通の小中学校の特別支援教室に在籍し、視覚障碍・聴覚障碍・知的障碍や、肢体不自由者、病弱者の子どもたちに対して、幼稚園・小学校・中学校・高校の授業に準じた教育を行います。

 また、場合によっては医師や関連施設の訓練士・心理相談員とも連携を取りながら、一人一人の子どもの障碍の程度に合わせた学習計画を立て、障碍によって困難となっている学習や生活上の困っていることを克服させるとともに、将来の自立を目標とした知識や技能を身につけさせます。

 さらに特別支援学校教諭は、通常学級に在籍する知的障碍のないADHD(注意欠陥/多動性症候群)、LD(学習障害)高機能自閉症・アスペルガー症候群などの子どもたちにも指導を行ったり、障碍の度合いが重たく学校に行けない子どもの自宅を訪問して教育を行ったりもします。

子どもたちの可能性を広げる専門家

 特別支援学校教諭は、通常の学校教育を行うための知識と技術以外にも、様々な種類の障碍に対する知識を持ち、障害によって引き起こされる生活面や発達への影響を考え、さらに子どもたちの心理もよく理解した上での効果的な指導をする技術を持っていなければなりません。

 そのために、学士の学位を有するか、通常の幼稚園・小学校・中学校・高校のいずれかの教諭免許状を持っていて、尚且つ、特別支援学校教諭免許状を持たないと、特別支援学校教諭にはなれないのです。

 もちろん、免許や資格、専門知識さえ持っていればいいという職業ではなく、思いやりと温かな心を持って子どもたちに接することができる人間性が重要となります。何らかの障碍がある分、通常の子どもたちに接するよりも、根気と忍耐を要する職業でもあるといえるでしょう。

 【参考サイト】
日本福祉大学教職課程センター 用語解説 特別支援学校教諭とは
Benesse マナビジョン 特別支援学校教諭

丸山りん。ライター・SOHO。愛知県豊川市在住。自閉症と軽度知的障害を持つ中2男子と、年子の弟の2児の母。自身も重度のうつ病経験を持ち、9年の闘病を経て回復。無駄を省いた生活、および家族との会話と3匹の猫をこよなく愛し、自他ともに認める「THE おかあちゃん」。息子達の進路に頭を悩ませ、奔走する日々を送っている。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする