ぶどうの魅力

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第82回

 今回は、ぶどうの魅力について。

 みなさん、こんにちは。一年って本当に早いですね。“ベタークオリティオブライフ”も2011年最後の回になりました。今年は春の震災や原発があったりと想定外の大きな出来事があって、いろいろと考えさせられることの多い一年でしたね。

 さて、そんな中で迎えた師走ですが、何があっても12月が寒いのは変わらないですね。そして急な冷え込みや空気の乾燥で風邪を引いてしまっている人も多いですね。私も先週末、ちょっと喉がいがいがしたので寝る時にユーカリのエッセンシャルオイルをアロマデュフューザーで焚いてお部屋の加湿と共にケアをしたり、鼻の下と首のリンパにヴィックスヴェポラップをたんまり塗ったり、ビタミンCやレスベラトロールのサプリを飲んだりして風邪を吹き飛ばすべく、いろいろとやっていました。

葡萄の魅力

えっ、ぶどう?

 実は今日のテーマでもあるぶどうとこのレスベラロトールって密接な関係があります。というのがこれ、赤ワインから抽出される非常に抗酸化作用が高く、免疫力のアップによい成分なんです。ここ数年、サプリメント商品などがたくさん出ていることとNHKなど数数多くのメディアで紹介されたおかげで年末になると入手困難になるともいわれているくらい、今、注目&人気の成分です。それ以前、赤ワインのポリフェノールがいいといわれて赤ワインが一大ブームになりましたがその理由のひとつもこのレスベラロトールにあります。

 ということで!この赤ワインの魅力を全身で味わえる情報をご紹介したいと思います。何かというと星野リゾートが八ヶ岳のリゾナーレで立ち上げた日本初のワインリゾートというコンセプト。いったいどんなコンセプトかというとこの12月、5年越しで開拓、栽培をしてきたワイン畑からとればぶどうで作られたワインがリリースされたんです。それを気に、まずはそのワインを飲む、プラス、ワインを楽しむためのマリアージュが考え抜かれたお料理のコースが用意されました。もちろんこのお料理にもワインやぶどう、それからワインが出来る段階で出る澱などが使われれています。まずはこちらでたっぷりとレスベラロトールの摂取をして活性酸素を除去し、免疫力や抵抗力をアップしてください。冬の紫外線によるシミ対策にもいいですよ。次に外側からのアプローチとしてまたまたワインが出来る際に出る皮や種、それから澱を使ったVINOスパがあります。お食事が内側からワインの成分や魅力を取り入れるとするとこちらは外側からぶどうの持つ成分を吸収ということで「内から8割、外から2割」という成分吸収の法則すべてが担えてしまうという設定です。このVINOスパ、先だって行われたワイナリーの発表会でご一緒した女性誌の編集長も仕事で体験してからプライベートですっかりはまってしまっているとおっしゃっていました。その際、私もハンドケアだけ体験させてもらったのですがとにかく物凄く肌がしっとりして、それから白くなります!あと肌からもポリフェノールが毛穴を通して血中へと浸透しているはずなので活性酸素の除去も期待できます。更に!ぶどう畑でのぶどう摘みや畑の見学なども時期によっては可能ということで舌も体も、そして気持ちまでどっぷりとぶどう、そしてワインの魅力につかることができるというわけです。そうそう、畑といえばぶどうの葉っぱのお茶も売られているので、お酒が苦手な方でもお茶でぶどうのポリフェノールを摂取することも可能ですよ。

 ということでぶどうの魅力を堪能出来て、その上、きれいと元気も手にいれられるワインリゾートで心身ともに癒されてみるのもいいですよね。年末年始はもちろんですが、ちょっと時間に余裕が出来た際のご褒美ステイなどでもいいですね。

 とにもかくにも本当に毎日、とても寒いのでみなさま、お体ご自愛くださいね。そしてよいお年をお迎えください。また来年もよろしくお願いいたします。

参考:八ヶ岳 星野リゾートリゾナーレ

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、元AllAbout食育ガイド
myfood.jp元編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)、『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)、『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする