女優肌のヒミツ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第81回

 今回は、女優肌について。

 みなさん、こんにちは。今年もとうとう12月。一年って本当に早いですね!

 さて、師走の忙しさと同時に乾燥のひどさを感じている方、多くないですか?私も加湿器が手放せません。そんな乾燥についてですねぇ・・・先だって皮膚の日を記念して開かれたトークショーで女優の秋野暢子さんから乾燥対策万全の女優肌の作り方を教わってきたのでご紹介しますね。女優肌のひみつ

 当日は日本臨床皮膚科医会の若林会長、江藤副会長、そして女優の秋野暢子さん、モデルの佐藤かよさんが登壇。先生方からはとにかく保湿の大切さや肌が乾燥することによる弊害などのお話がありました。肌の乾燥って美容面で悩まされるだけじゃなくて、ウィルスやばい菌なども体に侵入しやすくするので健康面でも常に意識しておく必要があるんですって!!!!!保湿っていうと美容の重要ファクターとばかり思っていましたが、健康にも大事となると今まで以上にケアをしないと!って思いますよね。でね、その際に満点ケアと太鼓判を押されたのが秋野さんのスキンケア方法だったんです。

 まずクレンジングを丁寧に行うこと。実は人間の肌が唯一、自力でまかなえないことが洗浄なんです。ですからお化粧をしている日はもちろん、していない日もクレンジング、洗浄をしっかりと丁寧にしてください。秋野さんはイオン導入器を使ってクレンジングをされているそうです。最近は1万円ちょっとでも性能のよいイオン導入器が買えますから一台、用意するのもいいですね。私もHABA化粧品から出ている充電式のものを使っていて、自宅はもちろんですが乾燥のひどいホテルに泊まる出張の際などとても重宝しています。

 次にここからが女優肌を作る秘密。それが今回のタイトルでもある“3分の魔法”。スキンケアラインは人によって用意されているものがいろいろだと思いますが、とにかくそれぞれを肌につけたに3分ずつ待ってください。そうすることによってひとつ、ひとつがちゃんと肌に浸透した状態に次の成分や機能を加えていくことが出来るので肌コンディションをよい状態にするのにとても有効なスキンケア方法なのだそうです。

 今年54歳になられたという秋野さん、本当におきれいでしたよぉ。はやりどんなにいいといわれてもご本人がそれを証明してくれていないと説得力がありませんが、秋野さんの肌はファンデーションの上からでも本当に美しいことが解るほどきれいでした。側で秋野さんの肌を見られていた江藤先生はとてもキメが整っている肌ですねと脱帽されていました。

 スキンケアというのは必ずしも高いものを使わなければ効果が出ないというものではなく、基本は保湿。そして保湿というのは安い化粧水でもたっぷりと使ってとにかく肌の水分保湿層の部分にしっかりと水分を吸収させることが大事です。そして魔法の3分!

 因みにその3分、じっとしていなければならないというわけではありませんから、何かをしながらであればあっという間の時間です。

 気候的にはまだまだこれから乾燥の悩みが増していきますからね!ぜひこの3分美容と共に師走の月をかけぬけてください。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、元AllAbout食育ガイド
myfood.jp元編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)、『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)、『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする