触覚でつくる料理はいかが?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 素材を切る、調味料や水を計る、鍋に材料を入れる・・・など、料理のために行うさまざまな作業は、実は視覚を基本として行うものがとても多いことに気付きます。そのことに着目して作られたのが、「sento tactile cookware」です。

 「sento tactile cookware」の実際のプロダクトデザインや動画はこちらをご覧ください。

 「sento tactile cookware」は、視覚に障碍を持つ方が、火事や火傷などの危険にさらされることなく、安全にクッキングを楽しめる画期的なツールとして開発されました。開発者は、イスラエル・エルサレムの「Hadassah College」、インクルーシブデザイン学科に在籍する学生Neora Zigler氏。自身の卒業プロジェクトとしてプロダクトデザインをはじめとするプロデュースに取り組んだ作品です。

 「sento tactile cookware」は、料理をする際に起こりうる様々な状況を想像して、あらゆる面からデザインの可能性を探っています。視覚障碍者が安全に料理に取り組める工夫が随所に施されつつ、それでいて見た目のデザインの美しさも考慮したフォルム。視覚障碍者の使い勝手を重視しながら、健常者が見ても美しいと感じる。そうしたさまざまな側面を兼ね備えていることも「sento tactile cookware」の大きな魅力のひとつです。

 シリコン素材でできた鍋用の補助カバー。このカバーは、指で触れることで鍋のサイズや位置を知ることができ、食材を鍋に入れたり、かき混ぜたりしやすくなる特性を持っています。

 また、先端にデコボコをつけて、調味料がめいっぱい入っている状態を、指で触ることで認識できる計量スプーンや計量カップ。デコボコといった物理的要因が指先に伝える行為と容器内の容量を結びつけることで、求める機能をシンプルなデザインで表現しています。デコボコとした姿は視覚的にも面白く、デザインに特化した楽しみ方をしても非常に興味深いものに仕上がっています。

 「sento tactile cookware」は、料理器具が持つそれぞれの機能を満たしつつ、触って料理をするという新しい料理プロセスを提案しているという点でも注目されています。例えば、暗闇で食事を提供する『暗闇食堂』が、味覚を際立たせるために真っ暗な中で食事をすることで、甘い・辛いを舌のどこでどんな風に感じるかまで味わうように、「sento tactile cookware」は、触覚を中心に料理をするという新しい行為として健常者の感覚をも刺激するパワーを秘めています。

 味覚と触覚で作る料理は、食感も今までとは少し違ったものになったりするかもしれませんね。

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする