美しさに感動!『口と足で描く芸術家たち』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 緻密に描かれた花々、どこまでも広がる青空、今にもしたたり落ちる水滴・・・。
 丁寧に描かれたたくさんの絵画たちは、世界中に多くのファンを持ち、絵として、絵ハガキとして、本の挿絵として、さまざまな場面で愛され、人々に感動を与えています。

 実はこれらの絵は、口と足とだけで描かれたものなのです・・・、そういわれてもすぐには信じられないくらい、完成度の高さを誇っています。

 生まれつきの病から、また、交通事故などの不慮の事故によって、腕を失ってしまった方々は、世界中にたくさんいらっしゃいます。
 そうした方々が自らの境遇に屈することなく、明日を生きる力として取り組んでいるひとつにこうした絵画制作が存在します。

Vereinigung der Mund und Fussmalenden Kuenstler Aller Welt
(ドイツ語表記)が正式名称の団体が、こうした絵画を描く人々を応援しています。

世界的に使われているのは、
Association of Mouth and Foot Painting Artists Worldwide
(英語表記)といいます。

日本においては、
『口と足で描く芸術家協会』という名称で登録されています。

 世界中の口と足で描く芸術家による、芸術家のための、国際的な組織です。障碍を負う方々の芸術家活動の向上と自立のために存在し、世界75の国や地域で、互いに助けあうため、国境や民族、宗教、世界観を越えて集まった芸術家集団なのです。

 ネットショップではさまざまな作家のカレンダーやハガキなどの作品が紹介され、販売されています。気に入った作品を見つけられたら、是非、暮らしの中で楽しんでみてはいかがでしょうか。

作品のネットショップ
https://www.mfpa.co.jp/shop/goods/category01.html

 人生の中で、自らの力ではどうしようもない理由で持ち続けるハンディ。それを受け入れ、力強く生きていく・・・。
それは、ひとりではできないことだと彼らはいいます。

 彼らは、介助を受けることだけでなく、共に笑いあい、感動しあい、感謝の心を通い合わせる。
 そうした気持ちの伝えあいこそが生きる勇気を湧きあがらせ、明日を向かえることを意味を教えてくれるのだと、強く主張します。

だからこそ、描き続ける、
だからこそ、表現者仲間とともに交流し、社会へ共に参加してゆくことが必要なのだと。

・・・・そんな気持ちを受け取りながら、
それはまったく別として、純粋に、芸術として感動できる。
そんな素晴らしい作品が揃っています。

 言葉以上に伝わるものを見つけられる、「最高の芸術作品」に出会えます。

※参考資料:
『口と足で描く芸術家協会』
http://www.mfpa.co.jp/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする