自由をくれる、『ブラインドサッカー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラインドサッカー』をご存知ですか?

 選手達に聞くと、皆、異口同音に答えるのが、「自由をくれるスポーツ」だといいます。

 これまでの視覚障碍者スポーツでは、視覚障碍の度合いが重いほど(視力が弱いほど)、動く範囲を限定し、味方や相手と接触することがないように安全性が配慮されているのが普通でした。

 しかし、ブラインドサッカーでは、選手は自分の考えで判断し、ピッチを自由に駆け巡ることができます。
 視覚障碍者が日常では感じることが難しい「動くことの自由とその喜び」を感じる機会を生み出し、彼らが一層の充実感を持った生活を送れることを実現しています。

 そもそも、ブラインドサッカーは、1980年代初頭に開発され、ヨーロッパ、南米を中心に広くプレーされてきました。

 日本に入ったのは、2001年。IBSA(International Blind Sports Federation:国際視覚障碍者スポーツ協会)の国際ルールが伝わってからなので、知らない方はまだ多いかもしれません。

 それまでは盲学校で独自のルールでプレーをし、90年代には千葉県立千葉盲学校で「ペガサス」というチームが発足し、テレビにも取り上げられてはいましたが、認知としてはまだまだでした。

 その後、2001年。当時アジアで唯一「ブラインドサッカー」を導入していた韓国へ、「視覚障がい者の文化を育てる会」を中心とした視察団が向かいます。現地で、アイマスクをした選手が自由に走り回るプレーを目の当たりにし、日本でもこのサッカーを広めていこうと、国内での普及が始まるきっかけとなったといいます。

 多くのサポーターの協力により、2001年11月11日、「日本視覚障がい者サッカー協会(JBFA)」の前身となる「音で蹴るもうひとつのワールドカップ実行委員会」が発足。式がその後、日本、韓国、ベトナムの3ヶ国によるアジアフレンドリーシップカップを経て、2002年10月、JBFAが正式に発足したのです。

 「ブラインドサッカー」は、4人のフィールドプレーヤーとゴールキーパー、さらにコーチ、コーラーを加えた7名がピッチに立ちます。

 フィールドプレーヤーは視力の差を公平にするためにアイマスクを着用。ボールには特殊な鈴が入り「シャカシャカ」という音がします。
サイドラインには1メートルほどのフェンスが経ち、ラインを体で感じます。そしてボールをもった相手に対して「ポイ!」という掛け声をかけることを義務付けて、対戦相手の位置を知らせます。それ以外のルールは、通常のサッカーとほぼ変わりません。

 このルールに基づいてアイマスクを付けた選手がどのような動きになるのか?

「果たして、走れるのだろうか?」
「対戦なんてできるのか?」
「ボールを蹴ることができるのか?」

 いろんなことを考えて、私も最初は信じられませんでした。しかし、この映像をご覧ください。
http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_1

 この動画には、スムーズに、いや、しっかりと試合が展開されているのが分かります。

 視覚障碍者と健常者が、全く同じフィールドで、お互いの日頃の訓練と、卓越した運動センスをぶつけ合い、正々堂々とプレーすることのできるユニバーサルスポーツの素晴らしさを感じます。

 「ブラインドサッカー」のもうひとつの大切なルールは、試合中の観戦者は、音を出してはいけないということです!ゴルフ観戦と同じように、「おしずかに!」というプレートが立つ場合もあります。

 理由は簡単です。ボールに入った鈴の音が選手に聞こえるようにすることと、チームメンバーの掛け声をじゃましないということ。大声を出せないサッカー観戦なんてつまらないなんてことはありません。タイムの時間には、大きな声で応援できるのですから・・・。

スポーツの新しい可能性がつまった「ブラインドサッカー」

 ルールをどのように決めるかを皆で真剣に話し合い、世界に広め、全ての人で楽しむ時間を共有する。感動します・・・素晴らしいですね!

※参考資料:
ブラインドサッカー
http://www.b-soccer.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする